経営理念

経営理念は、パスコグループが企業活動を遂行するにあたって、最も基本となる姿勢を示したものです。
パスコグループでは、経営理念に則り、持続的に企業活動を通じて社会に貢献するため、品質方針・環境方針・情報セキュリティ方針を定めた統合マネジメントシステムを構築・運用しています。

経営理念

  1. 空間情報事業を通じて、安心で豊かな社会システムの構築に貢献する。 
  2. 社会的に公正であることを判断基準として、法令遵守、社会倫理を尊重し、常に正しさを追求する。 
  3. お客様の信頼を誇りに、最高レベルの空間情報を提供する。

経営方針

常に世界一の地理空間事業者であるために、革新的な思考と行動により、常に変化を創造し行動する。

経営ビジョン

「はかる」という言葉はいろいろな意味を持っています。農地の面積など物理的な量を「測る」、道路など公共物の寿命を「計る」、災害の被害状況を「測る」、人の気持ちを推し「量る」など様々です。人類は原始の時代より社会を様々な視点からはかり、その成果を使って社会を発展させてきました。そして私たちは今、地球上に存在するあらゆるものをはかり、それを蓄積することで、「未来を図る」すなわち「未来を予測する」ことも可能になると考えています。
航空測量会社として創業したパスコは、測量・計測技術によって空から地球上を捉えることだけに留まらず、あらゆる「はかる」を空間情報に融合させ、人と自然が共生した未来社会の構築を目指してまいります。

PASCO 経営ビジョン

シンボルマークについて

PASCO シンボルマーク

パスコのPをデザイン化し、自然と豊かな調和を目指すパスコを象徴する三角形(陸・海・空を結ぶ形状)を表現したもの(1983年10月制定)に、社名とパスコの業務と姿勢を表わした言葉をタグラインとして構成しています。(2010年10月に改定)
コーポレートカラーは、パスコを象徴する「誠実」「冷静」を意味する青を「パスコブルー」と称し、「情熱」を意味する赤をポイントカラーに使用しています。

タグライン(コーポレートメッセージ)

World's Leading Geospatial Group
空間情報をリードする世界一の企業グループであることを自覚し、行動するというメッセージがこめられています。

Page top