2011年9月 台風12号豪雨災害(紀伊半島)に関する被災地撮影

台風12号は9月3日午前、高知県に上陸し、四国中国地方を横断して4日未明に日本海に抜けました。この間、紀伊半島を中心に九州〜北陸地方にかけて大雨が降り、特に奈良県上北山村周辺では1,800mmに達する豪雨となり、十津川や熊野川等の河川沿いでは洪水による浸水等で多大な被害が発生しました。

平成23年9月8日撮影 航空写真(斜め撮影)

三重県紀宝町・熊野市周辺

  • 0908-MKh01 紀宝町高岡〜浅里付近斜面崩壊
    0908-MKh01 紀宝町高岡〜浅里付近斜面崩壊
  • 0908-MKh02 紀宝町浅里付近斜面崩壊
    0908-MKh02 紀宝町浅里付近斜面崩壊
  • 0908-Mkh03 紀宝町浅里付近土石流
    0908-Mkh03 紀宝町浅里付近土石流

  • 0908-MKm01 熊野市紀和町付近斜面崩壊
    0908-MKm01 熊野市紀和町付近斜面崩壊
  • 0908-MKm02 熊野市紀和町付近土石流
    0908-MKm02 熊野市紀和町付近土石流
  • 0908-Mkm03 熊野市井戸付近斜面崩壊・土石流
    0908-Mkm03 熊野市井戸付近斜面崩壊・土石流

  • 0908-Mkm04 熊野市井戸付近土石流
    0908-Mkm04 熊野市井戸付近土石流
  • 0908-Mkm05 熊野市井戸町周辺斜面崩壊
    0908-Mkm05 熊野市井戸町周辺斜面崩壊
  • 0908-Mkm06 熊野市井戸町付近斜面崩壊
    0908-Mkm06 熊野市井戸町付近斜面崩壊

  • 0908-Mkm07 熊野市有馬町付近斜面崩壊
    0908-Mkm07 熊野市有馬町付近斜面崩壊

Page top

平成23年9月6日撮影 航空写真(斜め撮影)

奈良県五條市・十津川村・川上村周辺

  • 0906-NG01 五條市斜面崩壊・土石流
    0906-NG01 五條市斜面崩壊・土石流
  • 0906-NG02 五條市土石流
    0906-NG02 五條市土石流
  • 0906-NG03 五條市深層崩壊
    0906-NG03 五條市深層崩壊

  • 0906-NG04 五條市深層崩壊
    0906-NG04 五條市深層崩壊
  • 0906-NG05 五條市深層崩壊
    0906-NG05 五條市深層崩壊
  • 0906-NG06 五條市天然ダム深層崩壊
    0906-NG06 五條市天然ダム深層崩壊

  • 0906-NG07 五條市天然ダム
    0906-NG07 五條市天然ダム
  • 0906-NG08 五條市天然ダム斜面崩壊
    0906-NG08 五條市天然ダム斜面崩壊
  • 0906-NG09 五條市天然ダム
    0906-NG09 五條市天然ダム

  • 0906-NT01 十津川村土石流
    0906-NT01 十津川村土石流
  • 0906-NT02 十津川村土石流
    0906-NT02 十津川村土石流
  • 0906-NK01 川上村斜面崩壊
    0906-NK01 川上村斜面崩壊

Page top

平成23年9月5日撮影 合成開口レーダー(SAR)衛星「TerraSAR-X」

撮影諸元

撮影時刻 2011年9月5日 17:53(JST)
入射角 39.2度
撮影モード StripMap モード
偏波 HH
プロダクト EEC
位置図イメージ

9月5日に広範囲にわたる被災状況の全容を把握するために、合成開口レーダー(SAR)衛星「TerraSAR-X」による撮影を実施しました。

撮影当日には国土交通省国土技術政策総合研究所からの依頼により、山岳地域の衛星画像判読を実施し、複数の河道閉塞箇所を特定しました。

河道閉塞概略判読結果
河道閉塞概略判読結果

  • 奈良県十津川村長殿地区周辺の拡大図
    奈良県十津川村長殿地区周辺の拡大図
  • 奈良県五條市 赤谷地区周辺の拡大図
    奈良県五條市 赤谷地区周辺の拡大図

Page top

TerraSAR-Xから解析した推定浸水区域図

9月4日(日)午前6時に撮影したTerraSAR-Xの情報を解析し、推定浸水区域図を作成しました。
※ 自動処理にて抽出した推定浸水部(または冠水部)であり、必ずしも現地を再現したものではありません
※ 背景画像は災害前の光学衛星画像(PSO:PASCO Satellite Ortho)を使用しています。

  • 三重県熊野市周辺の拡大図
    三重県熊野市周辺の拡大図
  • 三重県御浜町周辺の拡大図
    三重県御浜町周辺の拡大図
  • 三重県紀宝町周辺の拡大図
    三重県紀宝町周辺の拡大図

  • 三重県紀宝町・和歌山県新宮市周辺の拡大図
    三重県紀宝町・和歌山県新宮市周辺の拡大図
  • 和歌山県新宮市周辺の拡大図
    和歌山県新宮市周辺の拡大図
  • 和歌山県那智勝浦町・串本町周辺の拡大図
    和歌山県那智勝浦町・串本町周辺の拡大図

Page top

平成23年9月5日撮影 航空写真(斜め撮影)

三重県紀宝町・和歌山県新宮市周辺

  • 0905-MK01 紀宝町斜面崩壊
    0905-MK01 紀宝町斜面崩壊
  • 0905-MK02 紀宝町河川氾濫
    0905-MK02 紀宝町河川氾濫
  • 0905-MK03 紀宝町斜面崩壊
    0905-MK03 紀宝町斜面崩壊

  • 0905-MK04 紀宝町河川氾濫
    0905-MK04 紀宝町河川氾濫
  • 0905-WS01 新宮市斜面崩壊
    0905-WS01 新宮市斜面崩壊
  • 0905-WS02 新宮市河川氾濫
    0905-WS02 新宮市河川氾濫

  • 0905-WS03 新宮市 斜面崩壊
    0905-WS03 新宮市斜面崩壊
  • 0905-WS04 新宮市斜面崩壊・土石流
    0905-WS04 新宮市斜面崩壊・土石流

和歌山県那智勝浦町周辺

  • 0905-WN01 構造物被害
    0905-WN01 構造物被害
  • 0905-WN02 洪水氾濫
    0905-WN02 洪水氾濫
  • 0905-WN03 洪水氾濫
    0905-WN03 洪水氾濫

  • 0905-WN04 洪水氾濫
    0905-WN04 洪水氾濫
  • 0905-WN05 斜面崩壊・土石流
    0905-WN05 斜面崩壊・土石流
  • 0905-WN06 土石流
    0905-WN06 土石流

和歌山県田辺市周辺

  • 0905-WT01 深層崩壊
    0905-WT01 深層崩壊
  • 0905-WT02 深層崩壊
    0905-WT02 深層崩壊
  • 0905-WT03 天然ダム
    0905-WT03 天然ダム

  • 0905-WT04 天然ダム
    0905-WT04 天然ダム
  • 0905-WT05 天然ダム
    0905-WT05 天然ダム
  • 0905-WT06 天然ダム
    0905-WT06 天然ダム

Page top

平成23年9月4日撮影 合成開口レーダー(SAR)衛星「TerraSAR-X」

撮影諸元

撮影時刻 2011年6月19日 6:01(JST)
2011年9月 4日 6:01(JST)
入射角 35.3度
撮影モード StripMap モード
偏波 HH
プロダクト EEC
位置図イメージ

右図は洪水前(2011年6月19日撮影)と洪水後(2011年9月4日撮影)の画像を重ね合わせたものです。
この図中で赤色に表現されている部分が洪水による浸水範囲と推定されます。特に顕著な箇所として、三重県側では熊野川支流相野谷川流域(三重県南牟婁群紀宝町)や神内川、市木川、志原川流域等に浸水が見られます。また、和歌山県側では太地西方の太田川流域や那智川下流域等で浸水が認められます。


  • 三重県熊野市周辺の拡大図
    三重県熊野市周辺の拡大図
  • 三重県御浜町周辺の拡大図
    三重県御浜町周辺の拡大図
  • 三重県紀宝町周辺の拡大図
    三重県紀宝町周辺の拡大図

  • 三重県紀宝町・和歌山県新宮市周辺の拡大図
    三重県紀宝町・和歌山県新宮市周辺の拡大図
  • 和歌山県新宮市周辺の拡大図
    和歌山県新宮市周辺の拡大図
  • 和歌山県那智勝浦町・串本町周辺の拡大図
    和歌山県那智勝浦町・串本町周辺の拡大図

「TerraSAR−X」が照射するマイクロ波は平滑な水面では反射強度が弱く、暗く写るという特徴があります。
洪水前(2011年6月19日撮影)の画像と比較すると、熊野川下流域や三重県側の中小河川、和歌山県側の太田川流域等に暗く写る箇所(浸水域)が拡大している状況が確認できます。


2011年9月4日のTerraSAR-X撮影時点における紀伊半島東部の天候は雨でした。
上記画像は降雨の最中でも撮影が可能な合成開口レーダー(SAR)衛星「TerraSAR-X」ゆえに撮影できた画像です。
(右の「解析雨量・降水短時間予報」の画像は気象庁ホームページより引用しています)

Page top

情報掲載履歴

第1回掲載:2011年9月5日(月) 14:10
第2回掲載:2011年9月5日(月) 17:30
第3回掲載:2011年9月7日(水) 11:50
第4回掲載:2011年9月8日(木) 16:10
第5回掲載:2011年9月9日(金) 10:40
第6回掲載:2011年9月12日(月) 11:40

災害発生に伴い被災状況の把握および関係各団体への情報提供の観点から、直ちに株式会社パスコは天候の影響を受けないSAR衛星画像による被害箇所の推定を実施しました。
また、2次災害を回避できる天候を待って直ちに株式会社パスコと国際航業株式会社は共同で航空写真撮影を実施いたしました。


被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
弊社では災害状況の的確な把握と被災地の復旧に、空間情報の処理および解析技術と防災コンサルティング技術がお役に立てるよう、より一層努力してまいります。


<TerraSAR-X : InfoterraGmbH, Distribution [PASCO]>
<撮影 株式会社パスコ・国際航業株式会社>
※ ここに掲載している写真その他の無断、転用・複写を禁じます。

【 著作権について 】

災害緊急撮影ページ(以下、当ページ)に記載されている文書の著作権は、弊社に帰属します。
当ページで使用しているTerraSAR-Xの著作権は、弊社に帰属します。また、当ページで使用している航空写真の著作権は、弊社および国際航業株式会社に帰属します。
当ページに記載されている情報(文書及び画像)を転用・複写する場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【 免責事項について 】

当ページの制作にあたっては、正確な情報の記載に努めておりますが、弊社は、当ページに記載された情報の完全性・正確性について保証するものではありません。
弊社は、当ページに含まれる情報もしくは内容を利用することで利用者に直接・間接的に生じた損害について責任を負うものではありません。
当ページに掲載されている情報が明らかに事実と異なる場合は、訂正いたしますので、お手数ですが下記の問合せ先までご連絡ください。

【 お問合せ先 】

株式会社パスコ カスタマーセンター
e-mail:biz-info@pasco.co.jp
フリーダイヤル 0120-494-800

【 報道関係のお問合せ先 】

株式会社パスコ 広報部
e-mail:webmaster@pasco.co.jp
TEL:03-6412-2800

Page top