官公庁・自治体向けサービス・商品が知りたい

パスコは1967年から航空写真測量、都市計画基本図などの図化、道路や上水道・下水道をはじめとする各種台帳、固定資産税基礎資料や課税業務の支援、GIS(地理情報システム)を活用した業務の効率化など、官公庁・自治体向けサービスを行っています。
官公庁・自治体業務でお困りのことや、ご相談などがございましたら、迷わずパスコにお問い合わせください。

GIS自治体クラウドサービス

庁内にサーバーを設置しシステムを構築・維持を行っていたのは一昔前。近年ではセキュリティや自然災害などに備えるため、官公庁・自治体の業務システムを堅牢なデータセンターを使用したクラウドコンピューティング技術を採用したサービスに乗り換える動きが活発です。
パスコの「GIS自治体クラウドサービス」は、インターネットサービスはもとより、LGWAN(総合行政ネットワーク)内のアプリケーションサービスも展開。地図を活用した自治体クラウドサービスとして、既に300を超える官公庁・自治体で採用されています。

わが街ガイド(住民向け情報提供支援)

わが街ガイド(住民向け情報提供支援)

「わが街ガイド」は、行政機関向けのインターネットサービスとして2001年に誕生し、「住民一人ひとり」のための地図情報クラウドサービスとして厚い信頼と実績があるサービスです。

施設予約システム

施設予約システム

「施設予約システム」は、公共施設の利用予約のインターネット受付サービスです。
『職員の負担やコストは軽減しなければならない、しかし利用者サービスは向上していかなければならない。』パスコの施設予約は、この“軽減”と“向上”の相反する2つの要望を多彩な機能を持つパッケージシステムで実現します。

国土強靭化対応

国土強靱化(ナショナル・レジリエンス)を空間情報で支援します。道路などの社会インフラに関する維持・管理や、河川・砂防の対策、クラウドコンピューティング技術を用いた持続可能な行政システムの提供で防災・減災に関する取り組みを支援。また、大規模災害が発生した際には、パスコが持てる空間情報の収集技術から最適な方法で被災状況の把握に努め、関係各機関への情報提供と、復旧復興に向けた支援を実施しています。

河川・砂防関連対策支援

河川・砂防関連対策支援

地震や台風・集中豪雨など自然災害による被害が頻発・激甚化している昨今、水や土砂の動きについて気候や社会の変化に応じた総合的な防災・減災対策が求められています。
パスコは、国や都道府県など公共機関の河川・砂防事業における各種調査・検討、計画策定や設計などのコンサルティングを、空間情報を活用し様々な視点で実施します。

持続可能な行政システムの提供

持続可能な行政システムの提供

誰もが使える・使いたいと感じる操作性と行政業務で十分に活用できる機能性を兼ね備えたGISクラウドサービスを提供することで、業務の継続性をシステム面から支援します。

自然災害における迅速な状況把握

自然災害における迅速な状況把握

パスコの災害リスク情報サービス「DR-Info(ディーアールインフォ)」は、気象情報と災害発生危険地域の情報を組み合わせ、予測される自然災害のリスクを事前にお知らせするサービスです。防災ご担当者様の情報収集業務を軽減。平常時、異常気象時、大規模災害発生時など、各フェーズで皆様の災害対策をサポートします。

i-Construction支援

国土交通省が進める、土木現場における「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」に、パスコはドローン(無人航空機 UAV:Unmanned Aerial Vehicle)による 3 次元計測技術を活用したサービスで土木工事現場の生産性向上を支援しています。

i-Construction支援

i-Construction支援

最新の計測技術がもたらす3次元化技術で“生産性”と“品質”の向上をパスコの総力でお手伝いします。

自治体・官公庁の業務支援

パスコ創業時から航空写真測量で官公庁・自治体が使用する各種地図製作を行っています。また、官公庁・自治体で使用する地図に付随した各種の調査・計画や、道路をはじめとした社会インフラの計画・設計、文化財の発掘・調査・報告書の作成など、各種、自治体業務の支援を行っています。

統合型GIS導入・運用支援

統合型GIS導入・運用支援

統合型GIS(地理情報システム)とは、庁内において「空間情報をGISユーザー全員・もしくは特定のユーザーで共有し、同一のものを使用することで重複投資の削減・業務の効率化を図る」概念を指します。
パスコは、空間データを行政の情報資産ととらえ、統合型GISによって、さまざまな分野・さまざまなユーザーが活用することで、行政事務の効率化、重複投資の削減、住民サービスの向上に寄与すると考えています。

自治体のアセットマネジメントを支援

自治体のアセットマネジメントを支援

パスコでは、行政業務支援で培った調査・計測、GIS(地理情報システム)を用いた業務支援システム、建設コンサルタントのノウハウを活用して、道路や橋梁、下水道などの土木インフラ施設や公共建築物の長寿命化修繕計画の立案など、自治体のアセットマネジメントを支援いたします。

固定資産税業務支援

固定資産税業務支援

固定資産の評価において重要なことは、評価の『論理性』、『明確性』、『透明性』です。パスコは、長年にわたり蓄積してきたノウハウを最大限に発揮し、地図作成、評価コンサルティングや各種調査業務など自治体の固定資産関連業務を支援しています。

道路設計・調査支援

道路設計・調査支援

私たちの生活を支える道路・橋梁は、社会インフラとして整備・改良され、後世に残していく大切な財産といえます。
パスコは長年にわたる測量、調査・設計業務で蓄積してきた技術で、新しい時代の社会インフラ整備や維持管理を支援します。

上水道・下水道事業支援

上水道・下水道事業支援

住民生活や社会経済の基盤を支える自治体業務の一つである上水道・下水道事業。パスコは上水道・下水道の設計から管理台帳整備や下水道の地方公営企業会計法適化業務のほか、ストックマネジメント(長寿命化計画)や不明水調査・対策といった維持管理業務、内水氾濫などの防災対策の支援を空間情報技術で支援します。

森林・林業関連業務支援

森林・林業関連業務支援

森林・林業をめぐる情勢の変化や担い手不足など、森林・林業が抱える課題解決に、パスコは空間情報活用の切り口からアプローチします。森林資源量の調査や森林資源情報・林地台帳の整備・有効活用など、森林・林業に関する業務にパスコの知見と技術をお役立てください。

農地利用状況調査支援

農地利用状況調査支援

パスコは、農地利用状況調査(農地パトロール)業務を人工衛星画像とリモートセンシング技術で支援しています。「農地利用状況調査支援サービス」は、農地の作付前後など最適な時期を任意に設定し変化箇所を抽出、農地利用の状況把握を効率的に行うための調査用図面作成サービスです。

文化財調査関連業務支援

文化財調査関連業務支援

人類の遺産を未来に伝える。パスコは文化財に関するすべての業務を空間情報技術で支援しています。発掘調査から遺構測量・図化、遺物計測・図化、報告書作成など埋蔵文化財に関連する業務のご相談は信頼と実績のパスコへご依頼ください。

ダム・港湾管理業務支援

ダム・港湾管理業務支援

パスコでは、最新のデジタル計測機材と高度な計測技術を駆使し、堤体の変動やダム湖・港湾の測深(堆砂測量)など、ダムや港湾施設の維持管理に必要な精度の高い計測・調査を支援しています。

各種地図製作(公共測量)

各種地図製作(公共測量)

道路台帳附図、都市計画基本図、下水道台帳図、設計用地図やその他管内図など、パスコは、自治体の各部門で用いられる各種地図製作のスペシャリストです。自治体業務用各種地図作成のご用命は信頼と実績のパスコへ。

土地区画整理事業支援

土地区画整理事業支援

パスコは仙台市の戦災復興土地区画整理事業を皮切りに、全国各地で土地区画整理事業に携わり、現在は東日本大震災の復興事業にも参画しています。