自治体の“インフラ老朽化対策”

パスコは、各種インフラ台帳整備の豊富な実績と調査・計測、建設コンサルタントのノウハウ、GIS技術など、これまでに蓄積した経験とノウハウを傾注し、「限られたコストで質の高い行政サービス」の実現に向けた、持続可能なまちづくりを支援する各種ソリューションを提供します。

持続可能なまちづくり ―パスコのアセットマネジメント

パスコは、各種インフラ台帳整備やGIS(地理情報システム)技術、数多くのコンサルタント実績により培ったノウハウを活用し、全体最適の視点から、持続可能なまちづくりへ向けたアセットマネジメントの各フェーズをトータルで支援します。

全国的にインフラの老朽化対策が急がれる一方で、各自治体では保全予算の確保が難しくなっています。限られたコストで質の高い行政サービスを実現するためには、データを活用した各施設のマネジメントによる個別最適とともに、中長期の行政方針に基づく全体最適の視点が重要です。それは単年度ごとの維持管理計画におけるPDCAサイクルと、中長期の予算計画におけるPDCAサイクルの両輪を効率的に回すことで実現します。

インフラ老朽化対策をシステムで支援

パスコが提供する自治体業務支援システム「PasCAL(パスカル)」では、インフラ老朽化対策関連のシステムも提供しています。

公共施設等総合管理計画の改訂・精緻化と統合インフラマネジメント

公共施設等総合管理計画は策定後も不断の見直しを行い、順次充実させていくことが重要です。個別施設計画の策定等を通じて把握される各施設の現状や対策費等を踏まえ、公共施設等総合管理計画の充実・精緻化を図るとともに、公共建築物だけでなく土木インフラを含めた全庁的な「保全コスト低減方策」の議論を本格化させることが課題となります。
パスコは、長期的・全庁的視点に立ち、財政的な制約の中でインフラ保全予算の分野横断的な優先順位付けや平準化の方策を検討する「統合インフラマネジメント計画」の策定を支援します。

長寿命化計画・個別施設計画策定支援

各自治体は、国のインフラ長寿命化基本計画に基づき、2020年度末まで個別施設ごとの長寿命化計画(個別施設計画)を策定することが求められています。
パスコでは、公共施設等総合管理計画や台帳整備、道路の路面性状調査や橋梁定期点検、その他数多くの行政支援業務の実績を活かし、長寿命化計画策定にかかわる点検・調査・診断・評価そして計画立案を支援します。

パスコは国際規格 ISO55001(アセットマネジメント)認証を取得しています

国際規格ISO55001は、アセットマネジメントシステムを規定した国際規格です。
本規格はアセットの点検・維持管理、ライフサイクルコストやリスク管理を含めたアセットマネジメント業務の遂行能力を保証するものです。
パスコは、2016年8月にISO55001の認証を取得しており、アセットマネジメントに関するコンサルティング業務および情報システムの構築運用サービスの信頼性は、国際水準で保証されています。

対象範囲等は以下のサイトにてご確認ください。
http://www.jtccm.or.jp/

パスコは国際規格 ISO55001(アセットマネジメント)認証を取得しています

自治体の“インフラ老朽化対策”に関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ