橋梁アセットマネジメントシステム
「PasCAL for LGWAN 橋梁マネジメント」

「PasCAL for LGWAN橋梁マネジメント」は、定期点検の記録など橋梁アセットマネジメントに必要な情報を一元管理し、橋梁アセットマネジメントの業務効率化を支援します。

データを一元化し橋梁アセットマネジメント(※1)を効率化

「PasCAL for LGWAN橋梁マネジメント」は、定期点検の記録など橋梁アセットマネジメントに必要な情報の一元管理、点検結果を踏まえた「橋梁長寿命化修繕計画」の対策優先度の見直し、グラフやGIS(地理情報システム)による視覚化などの機能を装備し、橋梁アセットマネジメントの業務効率化を支援します。

定期点検記録の一括登録が行えるため、煩雑な記録作業も継続して確実に行えるとともに、データベースをGIS(地理情報システム)と連携することで、関連する他の情報と併せて面的な管理が行えます。登録された情報は国土交通省様式での出力が可能です。

橋梁アセットマネジメントのデータを一元管理
橋梁アセットマネジメントのデータを一元管理
  1. 橋梁を資産として捉え、客観的な点検と評価に基づく中長期的な資産の状況予測とともに、費用対効果の高い最適な対策を講じながら、橋梁を計画的かつ効率的に管理すること

「橋梁長寿命化修繕計画」の予実管理

「PasCAL for LGWAN橋梁マネジメント」に「橋梁長寿命化修繕計画」を取り込むことで、定期点検の結果に基づく橋梁の健全度を踏まえた対策優先度の再検討など、「橋梁長寿命化修繕計画」と連動し、確実なマネジメントサイクルの実施を支援します。

また、「橋梁長寿命化修繕計画」をグラフやGIS(地理情報システム)により可視化することで、年度や地域的な偏りを視覚的に把握できるようになり、予算の平準化やまちづくりの視点を踏まえた修繕計画の立案などが効率的に行えます。

「橋梁長寿命化修繕計画」と連動した予実管理
「橋梁長寿命化修繕計画」と連動した予実管理

グラフ化などの資料を簡単作成して業務負担を軽減

「PasCAL for LGWAN橋梁マネジメント」は、住民や議会など関係者への説明資料、財務部門に対する予算計画の説明資料、国などへの交付金の申請書類などに必要となるデータを、簡単な操作で手軽に取り揃えることができます。

さらに、グラフやGIS(地理情報システム)によるデータの可視化も即座にできるため、橋梁アセットマネジメントに関わる職員の業務負担を軽減します。

必要な資料を簡単操作で出力
必要な資料を簡単操作で出力

進化し続ける、メンテナンスフリーのクラウドサービス

「PasCAL for LGWAN橋梁マネジメント」はクラウドサービスのため、メンテナンスフリーで常に最新のシステム環境をご利用いただけます。法律・制度改正やOSバージョンアップへの対応はもちろん、継続的な機能改良も定額サービス料に含まれていますので、運用コストの削減と職員負担の軽減を図れます。
また、地方公共団体専用の回線である「総合行政ネットワーク(LGWAN)」を利用しますので、安全かつ安心してご利用いただけます。

日常業務に寄り添ったサポート

利用者サポートの総合窓口としてヘルプデスクを開設し、日常的な操作支援から機能改良のご要望までを電話とメールで受け付けています。

日常業務に寄り添ったサポート

自治体のインフラ老朽化対策

パスコは、各種インフラ台帳整備の豊富な実績と調査・計測、建設コンサルタントのノウハウ、GIS技術など、これまでに蓄積した経験とノウハウを傾注し、「限られたコストで質の高い行政サービス」の実現に向けた、持続可能なまちづくりを支援する各種ソリューションを提供します。

関連情報:自治体の“インフラ老朽化対策”

関連システム:アセットマネジメントを支援するシステム「PasCAL」シリーズ

橋梁アセットマネジメントシステムに関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ