地表の沈下を面で捉える
「衛星による変動モニタリング(地下工事及び埋立地の変動監視)」

「人工衛星による変動モニタリング(地下工事及び埋立地の変動監視)」は、人工衛星(SAR衛星)を利用して地表の変動を面として把握できるので、従来の計測を補う広範囲で継続的な変動監視が可能となります。

「衛星による変動モニタリング(地下工事及び埋立地の変動監視)」とは

合成開口レーダー(SAR)を搭載した地球観測衛星の撮影成果を使用し、地面に変動が生じた「エリア」と「傾向」をメッシュや等高線表示で可視化します。
本サービスをご利用いただくことで広範囲における地面の変動を定期的に効率良く捉えるとともに、点の計測を補う“面”の変動モニタリングが行えます。

「衛星による変動モニタリング(地下工事及び埋立地の変動監視)」の特長

「衛星による変動モニタリング(地下工事及び埋立地の変動監視)」は、従来の計測(沈下測量)を補う沈下量計測の新しい手法です。

継続的な立ち入りが不要

街中を掘り進むシールド工事などでは、掘削ルートが道路や建築物の下を通ることが多く、交通が激しい道路や私有地などでは計測(沈下測量)が思うように実施できないこともありますが、「衛星による変動モニタリング」では、宇宙から人工衛星で地表を捉え、mm単位の変動を解析できるので、従来の計測(沈下測量)を補うことが可能です。

継続的な立ち入りが不要

地面の変動を“面”で把握する

現在行われている計測(沈下測量)は、計測地点における“点”の動きを計測しています。「衛星による変動モニタリング」では、人工衛星によって計測した15シーン以上の計測結果から変動量を解析することで、メッシュ(面)や等高線によって変動量を可視化し、現地での計測(沈下測量)を補います。

地面の変動を“面”で把握する

時系列評価が可能

衛星の回帰性と天候に左右されない合成開口レーダー(SAR)の特性を利用し、最短11日周期で対象地域のデータを取得し解析します。

時系列評価が可能

その他

  • ミリ単位の沈下測量(垂直精度5-10mm)
  • PDF及びEXCELでデータを提供するので、特別なソフトウェアは不要

合成開口レーダー(SAR)衛星とは

合成開口レーダー(SAR)衛星は、太陽光を光源として撮影するという通常の撮影原理とは異なり、自ら電波を照射し、その反射情報から地表面を観測します。このため、天候の影響を受けにくく、悪天候時や夜間においても地表面の情報が取得できます。本モニタリングにて使用する衛星は、Xバンド合成開口レーダーを搭載したドイツのTerraSAR-X衛星で、2時期以上の観測データからmm単位の変動解析が可能です。

合成開口レーダー(SAR)衛星の紹介

合成開口レーダー(SAR)衛星とは

適用可能な工事や施設

地下工事の沈下測量

上下水道、地下鉄、トンネルなど

       

【施工前】

  • 工事による影響と工事以外の要因を区別するための事前調査

【施工中】

  • 工事現場および工事発注者様へ沈下量を報告
  • 要注意箇所の発見による沈下対策

【施工後】

  • 沈下が安定したのか、沈下が継続しているかの確認

埋立地や大規模施設等の沈下測量
(不同沈下対策)

空港、ガス等の貯蔵施設、製鉄所、発電所など

       

【現状把握】

  • 不同沈下対策の必要性を判断するための事前調査

【不同沈下対策】

  • 面的測量により不同沈下箇所を把握
  • 定期観測による時系列情報で傾向を分析

【継続監視】

  • 不同沈下対策の効果を評価・改善に向け、工事の前後で調査

モニタリングの流れ

「衛星による変動モニタリング」は、工事予定箇所や周辺の環境によって解析精度に影響が生じます。そのため、契約前に観測範囲(緯経度、または図面)および観測期間をご提供頂き、パスコ技術担当が現地踏査を実施し、事前評価を行います。その結果を踏まえて、サービス提供の可否およびサービスレベルをご提示させていただきます。

モニタリングの流れ

地表の沈下を面で捉える「衛星による変動モニタリング(地下工事及び埋立地の変動監視)」に関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ