顧客情報の活用方法 その1 -お客様はどこから来てるの?-

はじめに

イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

「自店のお客様がどこから来ているのか?」というように、顧客所在地を把握することはエリアマーケティングを行う上で重要なポイントになります。それを知るために、顧客データを集めて見たものの、住所の文字列だけでは分かりにくいものですね。
右図のように表計算ソフトの図で表示しても、お客様との“空間的距離” を把握することが難しく、詳細な営業戦略も策定できません。
さて今回の「GISの使い方」では、「お客様がどこから来ていて、自店の弱い地域はどこか?」をより詳しく知るために、皆さんお手持ちの顧客情報を使って料理していきましょう。

Page top

材料

イメージ画像
  • 店舗データ(住所付き)(仕入元:自分で用意)
  • 顧客データ(住所付き)(仕入元:自分で用意)

この材料は皆さんがお持ちの会員カードデータ等お客様の住所が記載されているデータです。CSV形式でキレイにデータを作っておきましょう。

GISの使い方 バックナンバー 「NO.3 オリジナルデータの作り方」

Page top

道具

MarketPlanner(マーケットプランナー)
エリアマーケティング専門ツール「MarketPlanner」があれば、背景地図やアドレスマッチングツールやスパイダーグラフ機能も装備されているので便利です。

Page top

作り方

イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

手順1

まずは、MarketPlannerを起動します。
各自で事前に用意した、
材料1の店舗データ(右図赤▲
材料2の顧客データ(右図青●
の2つを、アドレスマッチングにより地図上に表示。

イメージ画像

手順2

次に、店舗と顧客をスパイダーグラフ機能を使って直線で結びましょう。
右図のように、店舗から顧客へ放射線状に延びたラインが「くもの巣状」に見えることから、スパイダーグラフ、スパイダーマップなどと呼ばれます。

性別で色分け表示 (クリックで拡大)
性別で色分け表示 (クリックで拡大)
来店回数別にグラデーション表示(クリックで拡大)
来店回数別にグラデーション表示
(クリックで拡大)

手順3

このスパイダーグラフはそのままでも、「来店者が多い地域はどの方角に多いか?」「隙間はないか?」などを視覚的に把握をすることができます。
また、スパイダーグラフのそれぞれのラインに「性別、年齢、来店回数や売上金額」などの属性情報を持たせて、色分け表示することで、「女性のお客さんは遠いところからでも来店してくれる」など、「店舗から近いからといってリピート率が高い訳ではなさそうだ」などが見えてくることがあります。

Page top

盛り付け例

イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

右上図は、上記手順をつかって、店舗から近隣の20歳以上人口の総数が10万人となる町丁字を水色で表示した例です。 今回のように、ある店舗からの人口数(国勢調査の統計情報)を使って商圏を作成する場合は、どうしても、綺麗な円形の商圏にはなりません。細長い町丁字や飛び地があれば、右上図のようになります。 このような大きな字がある地域や飛び地が目立つ地域では、右下図のようにメッシュデータを利用するとターゲットとなる地域が分かりやすくなる場合もあります。

Page top

おわりに

この他にも顧客情報の中に、「日用品と日常品」、「消費財と耐久財」、「定番品と嗜好品」などの購買情報があれば、店舗と顧客住居までの距離の関係を分析し、科学的な数値に基づいた効率的なマーケティング活用がおこなえます。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top