属性検索の使用方法について その1

はじめに

「NO.18 空間検索の使用方法について」では、GISの特徴的な検索機能である空間検索について、その概要と使い方を簡単にご紹介しました。今回は、もう一つの代表的な検索機能である「属性検索」について、その概要と使い方をご紹介します。

Page top

材料

Page top

道具

GISエリアマーケティングソフト
エリアマーケティング専門ツール「MarketPlanner」があれば、統計情報と地図データ、分析ツールが一括で揃うので便利です。

関連製品 エリアマーケティングツール「MarketPlanner」

Page top

作り方

イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

料理の目的
右の図は都内近郊の市区町村の集まりの面データ(ポリゴン)です。 これらの市区町村の中から、以下の条件の市区町村を検索してみましょう。
条件1:東京都内の市区町村
条件2:面積が4千8百万平方m以上
条件3:18歳以上の男性の人口が27万人以上


属性情報
さて、上記の「市区町村の面データ」はH12国勢調査(市区町村別集計)のデータを内部に持っています。
右図はその一部ですが、このように面データ等が自分の情報として内部に保持しているデータを「属性情報」と称しています。
属性検索とは、これらの「属性情報」の値を用いて行なう検索方法(機能)を言います。
それでは、実際に「属性検索」の機能を使ってみましょう。


レッツ・クッキング!

Page top

調理開始

イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
イメージ画像(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

調理例 その1 調味料(条件)「検索レイヤ内に中心を持つ」

右の画面は実際にエリアマーケティングソフトの「属性検索」機能の画面です。さあ、必要な情報を入力してみましょう。

① 検索対象レイヤに「市区町村の面データ」を指定します。

(条件1)
② 検索条件の属性フィールドとして「都道府県名」を選択してクリックします。
③ ここは「=」のボタンを押して選択します。
④ 検索する値として「東京都」を指定します。


(条件2)
⑤ 「And」をクリックします。
⑥ 属性フィールドの「面積」を選択します。
⑦ 以上ですので「>=」のボタンを選択します。
⑧ 値として「48000000」を選択します。
(注:近い値を選択して数値を修正しています)


(条件3)
⑨「And」をクリックします。
⑩ 属性フィールドの「18歳以上男」を選択します。
⑪ 以上ですので「>=」のボタンを選択します。
⑫ 値として「270000」を選択します。
(注:近い値を選択して数値を修正しています)


以上で条件式が下段の空欄に作成されました。
「適用」を押して検索を実行します!
右の画面を見て下さい。青く輝度表示されている部分が検索結果です。属性検索によって条件に合う市区町村は「練馬区」「世田谷区」「大田区」であることが判明しました。料理完成です!

Page top

おわりに

今回はGISの代表的検索機能である「属性検索」についてご紹介しました。ビジュアルでいかにもGISなイメージの「空間検索」に比べると少々地味な印象の「属性検索」ですが、この2つの検索機能を活用できればGISソフトの活用の幅も広がるかと思います。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top