地図データとシェープファイルのリンクについて

はじめに

GISのポリゴンデータやポイントデータは、シェープファイルによって構成されています。今回は、地図画面上のデータとシェープファイルとのリンク(結びつき)についてご紹介します。

用語集「NO.28 シェープファイルとは?」

Page top

地図上のデータとシェープファイルの関係

図① (クリックで拡大)
図① (クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)
 図④ (クリックで拡大)
図④ (クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)

シェープファイルとは?」の回でご説明したとおり、GISの地図画面上に存在しているポリゴン(面)データやポイント(点)データ、ライン(線)データなどは基本的にシェープファイルと呼ばれる複数のファイルから構成されています。(図①②)※注1

これらシェープファイルはGISから認識できるドライブやフォルダ上に存在しており、地図画面上に見えているデータとリンクされています。(図③)

もし、何らかの障害でこのリンクが一時的に途切れてしまったりすると、GIS上にデータの名前は表示されているのに地図上のシンボルや属性テーブルの内容などが表示されなくなってしまいます。(図④)

このような場合にはシェープファイルの場所を確認して、再度リンクを認識させる必要があります。(図⑤)

GIS上のデータとシェープファイルが再リンクされれば地図画面にも属性テーブルにも正しくデータが表示されるようになります。(図⑥)

GIS上のデータとシェープファイルの関係がご理解いただけましたか?

※注1
GISの地図画面上にはシェープファイルを持たないグラフィックデータを貼り付けることが可能な場合もあります。

Page top

他の分析エリアの地図データを読み込む

図⑦ (クリックで拡大)
図⑦ (クリックで拡大)
図⑧ (クリックで拡大)
図⑧ (クリックで拡大)
図⑨ (クリックで拡大)
図⑨ (クリックで拡大)
図⑩ (クリックで拡大)
図⑩ (クリックで拡大)
図⑪ (クリックで拡大)
図⑪ (クリックで拡大)
 図⑫ (クリックで拡大)
図⑫ (クリックで拡大)

地図画面上の各種データはシェープファイルとのリンクによって構成されていることを前段でご説明いたしました。

これを応用すれば異なる分析エリアのデータを別の分析エリアに読み込ませることも可能です。

図⑦の「分析エリア1」には店舗データが登録されており、その店舗から15分という条件で運転時間商圏も作成されています。

図⑧は新しく作成した「分析エリア2」です。まだ何も作業を行っていないので店舗も商圏もありません。

もし、 「分析エリア2」に「分析エリア1」と同じ運転時間商圏が必要となった場合は、同じ条件で店舗の登録と商圏の作成作業を行わなければなりません。
しかし、同じ商圏を表示させるだけならば「分析エリア1」の運転時間商圏のシェープファイルを読み込めば良いのです。

データの追加機能で「分析エリア1」の運転時間商圏のシェープファイルを読み込んでみましょう。

シェープファイルとして拡張子がShpとLyrの2つのファイルがありますが、今回は図形のシンボルや色の情報を持っているLyrファイルの方を選択します。(図⑨)

データの追加で「分析エリア2」に商圏のデータを読み込んでみたところ、まったく同じ商圏が表示されましたね。 (図⑩)

これは「分析エリア2」に「分析エリア1」の運転時間商圏のシェープファイルをリンクさせた状態ということです。

この時に注意しなければならないのは、「分析エリア1」の商圏をコピーしてきたわけではなく、同じ商圏を「分析エリア2」で表示させているだけで、リンクしているシェープファイルは1つでだけという点です。

たとえば「分析エリア2」で商圏の形状を変更してしまったりすると、「分析エリア1」で表示されている商圏の形状も変わってしまいます。(図⑪、図⑫)

もし、リンクさせたくない場合はデータの追加で読み込んだ商圏のコピーレイヤーを作成して、コピーの方で作業を行う等で使い分けてみてください。

Page top

おわりに

苦心して作成した地図画面上のデータを他の分析エリアに持って行って使いたい、別のパソコン上のGISへコピーしたいなどということもあるかと思います。そんな場合は、作成したデータのシェープファイルをデータの追加で読み込んでリンクを張ったり、それをコピーしたりすることでデータの共有化が可能になります。分析作業の効率化にも有効ですので、機会がありましたらぜひお試し下さい。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top