目標値商圏

はじめに

目標値商圏とは、統計情報などの特定の項目の数値(例:世帯数)を使って、目標とする値までの範囲を商圏エリアとして作成する機能です。
今回はこの目標値商圏についてご紹介します。

用語集「NO.5 商圏とは」

Page top

目標値商圏とは

図① (クリックで拡大)
図① (クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)
図④ (クリックで拡大)
図④ (クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)

目標値商圏を作成するためには、数値情報を持ったポリゴンレイヤー(統計情報等)と商圏作成の基点となるポイントレイヤー(店舗)が必要になります。

右図①では統計情報としてH17国勢調査(500mメッシュ集計)の世帯数の情報と、基点となる店舗Aが設定されています。

店舗Aを基点として世帯数50,000世帯までの範囲の商圏を作成してみましょう。

目標値商圏作成の機能を起動して(図②)、使用する統計情報と目標値を設定するフィールドを指定します。(図③)

基点とする店舗を設定し(図④)、目標値とする世帯数の値を設定して商圏を作成します。(図⑤)

基点となる店舗から近い順に500mメッシュの世帯数を拾い、目標値である50,000世帯に達する(または達する直前で目標値を超えない)範囲で商圏を作成します。(図⑥)

このような条件設定で作成される商圏を目標値商圏といいます。

Page top

おわりに

目標値商圏は、対象となる客層の世帯数や年代別人口数などを元に作成しますので、わかりやすく説得力もあり、よく使われる商圏作成の手法です。機会があればぜひ一度お試しください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top