フィールドの分類機能

はじめに

GISでは各エリアの人口数やお客様の数などの数値の範囲で色分けを行えます。これらの数値情報をもとに各エリアに対して分類項目を設定できるのが「フィールドの分類」機能です。「フィールドの分類」機能の使用例をご紹介します。

Page top

フィールドの分類

図①
図①(クリックで拡大)
図②
図②(クリックで拡大)
図③
図③(クリックで拡大)
図④
図④(クリックで拡大)
図⑤
図⑤(クリックで拡大)

右図①には顧客数で10段階に分類して色分けしたエリアがあります。

フィ−ルドの分類機能を起動して、10段階に分けた数値の範囲を確認します。(図②)

顧客数が113以下は少ないエリア、114から212は中くらいのエリア、213から303は多いエリア、そして304以上は顧客が特に多いエリアとして分類値を設定してみましょう。(図③)

フィールドの分類機能によって各エリアごとに顧客数が多いか少ないかの分類項目が新たに設定されました。(図④)

分類項目によって色分けを行ったところです。(図⑤)

このようにフィールドの分類機能を使うことで簡単にエリアごとの分類値設定を行うことができます。

Page top

おわりに

人口数や顧客数のような数値の情報を元に、エリアごとに分類値を設定できるのが「フィールドの分類」機能です。他の機能を応用しても同様のことは可能ですが、手順が複雑な場合があります。エリアごとに格付け的な設定を行いたいときに大変便利な機能です。お使いのGISに同様の機能があれば是非お試しください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top