商圏の分割機能

はじめに

GISでは店舗を中心として指定距離での円状の商圏を作成することが可能です。このような商圏を作成したときに、円の全てではなく北側半分だけ使って分析したいなど、商圏の一部分だけ使用して分析したい場合もあります。そんなときに便利なのが「商圏の分割」機能です。「商圏の分割」機能の使用例をご紹介します。

Page top

分割商圏の作成

図①
図①(クリックで拡大)
図②
図②(クリックで拡大)
図③
図③(クリックで拡大)
図④
図④(クリックで拡大)
図⑤
図⑤(クリックで拡大)
図⑥
図⑥(クリックで拡大)

右図①では駅の上に店舗が置かれています。
この店舗を中心に半径1kmの範囲で円商圏を作成して分析を行いたいのですが、分析は駅の北側と南側に分けて行いたいとします。

 

商圏作成機能の分割商圏の作成を使ってみましょう。(図②)

円商圏の半径の距離を設定し、分割方法(+字方向)を指定します。(図③)

分割商圏の作成を実行すると、店舗を中心に半径1kmの商圏が上下左右で分割された形状で作成されます。(図④)

4つに分割されている面のうち、北側の2つの面だけを使って分析を行えば駅の北側を、南側の2つの面だけを使って分析を行えば駅の南側を分析することができます。(図⑤、図⑥)

Page top

作成した商圏の分割

図⑦
図⑦(クリックで拡大)
図⑧
図⑧(クリックで拡大)
図⑨
図⑨(クリックで拡大)

既に作成してしまった円商圏(図⑦)を後から分割することも可能です。

商圏の分割機能を起動し分割方向を設定して実行します。(図⑧)

作成済みの円商圏からX字方向に分割した商圏を作成することができました。(図⑨)

Page top

おわりに

商圏の分割はポリゴンの編集機能を使っても行うことが可能ですが、編集の自由度が高い分、作業には複雑な手順を用いねばならず手間がかかります。その点、「商圏の分割」機能は分割パターンは少ないですが、とても簡単に商圏の分割を行うことができます。お使いのGISに同様の機能があれば是非お試しください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top