空間結合 その2 -Join One to Many-

はじめに

空間結合の機能のページで店舗等のポイントデータに、そこに重なる商圏などの「面」の情報を結合できるというお話をいたしました。今回はその面のデータが二重三重に重なっていた場合、空間結合を行った場合どうなるのかを説明します。

Page top

重なりあわない面を空間結合する場合の例

図①
図①(クリックで拡大)
図②
図②(クリックで拡大)
図③
図③(クリックで拡大)

<重なりあわない面の情報を空間結合する場合>

右の図①では、お互いが重なり合わないエリアの面データがあり、その上に店舗が1件登録されています。空間結合で店舗にそこに重なるエリアの情報を結合してみます(図②)。

店舗の属性情報を見てみると、店舗に重なっていたエリア「C」の情報が結合されているのが分かります(図③)。

Page top

重なりあう面を空間結合する場合の例

図④
図④(クリックで拡大)
図⑤
図⑤(クリックで拡大)
図⑥
図⑥(クリックで拡大)
図⑦
図⑦(クリックで拡大)
図⑧
図⑧(クリックで拡大)

<重なりあう面の情報を空間結合する場合 その1>

右の図④ではお互いに重なり合うエリアの面データがあり、その重なり合う面上に店舗が位置しています。ここで空間結合を実行してみます(図⑤)。

すると、重なり合うエリアの内の1エリアの情報のみを得ることができました(図⑥)。

空間結合ではポイントと面は1対1で結果が求まるため、重なる面が複数あっても、その内の1つの情報しか結合されません。

<重なりあう面の情報を空間結合する場合 その2>

空間結合でも「JOIN_ONE_TO_MANY」という結合オプションを使うことで、複数の重なり合う面情報を取得することが出来ます。

図④において、 「JOIN_ONE_TO_MANY」 を試してみましょう(図⑦)。

「JOIN_ONE_TO_MANY」のオプションで結合した結果が図⑧です。

店舗のポイントに重なる全ての面の情報が取得できているのが分かります。

Page top

おわりに

空間結合でポイントデータに面データの情報を結合する場合、通常は重なる面の内の1つの面の情報しか結合できませんが、 「JOIN_ONE_TO_MANY」の結合オプションが使える空間結合ならば複数の面情報を結合することが可能です。状況によって空間結合の機能を使い分けてみてください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top