任意商圏とは

はじめに

GISには色々な商圏作成機能がありますが、任意の形状で商圏作成を行うことができる「任意商圏」についてご紹介します。

Page top

任意な形状での商圏作成

図①
図①(クリックで拡大)

任意商圏の作成機能では、地図上で任意の線を引いてそれを商圏にすることができます。
右図①の店舗を中心に任意の線を引いて商圏を作成してみましょう。

図②
図②(クリックで拡大)

任意商圏作成機能を起動し、商圏の起点となる店舗レイヤを指定します。(図②)

図③
図③(クリックで拡大)

次に商圏の次数を決めます。今回は2次商圏にしてみましょう。(図③)

図④
図④(クリックで拡大)

地図上をクリックしながら任意の線を引いていきます。(図④)

図⑤
図⑤(クリックで拡大)

ダブルクリックで任意商圏の範囲を確定します。これで1次商圏目が作成できました。(図⑤)

図⑥
図⑥(クリックで拡大)

同様に2次商圏目も作成します。(図⑥)
このように自分で地図上に線を引いて、任意の商圏の範囲を決めることができます。

Page top

参照入力での商圏作成

図⑦
図⑦(クリックで拡大)

任意商圏の作成機能では既存のレイヤの形状を参照して商圏の作成を行うこともできます。
右図⑦では市区町村界地図が切り出されていて、各市区町村の形状と名称が表示されています。

図⑧
図⑧(クリックで拡大)

任意商圏で「八千代市」の形状の商圏を作成してみましょう。任意商圏の機能を起動し、商圏の次数を入力する画面で「参照入力を行う」にチェックを入れ、「参照レイヤ」に市区町村界地図を選びます。(図⑧)

図⑨
図⑨(クリックで拡大)

参照入力を行う場合、八千代市の面の形状通りに商圏の線を引く必要はなく、八千代市の面の中で任意の形状を作成するだけです。今回は三角形を描いてみます。(図⑨)

図⑩
図⑩(クリックで拡大)

三角形を描いただけで八千代市と同じ形状の商圏が作成できました。(図⑩)
これが任意商圏の参照入力の機能です。

図⑪
図⑪(クリックで拡大)

参照入力では参照したい面を選択しておいて、選択した面と同じ形状で商圏を作成することも可能です。
図⑪では市区町村界地図の八千代市と船橋市を選択状態にしています。

図⑫
図⑫(クリックで拡大)

任意商圏の参照入力機能を実行すると、選択しておいた部分と同じ形状の商圏が作成されます。(図⑫)

Page top

おわりに

任意商圏の基本的な機能とその使い方をご案内しましたが、地図上で目視により商圏範囲を決めるようなときに、必須の商圏作成機能です。ぜひ一度お試しください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top