配布エリアの設定方法@

はじめに

ポスティングの配布エリアを決められた配布部数で設定したいときに、GIS上での配布エリアの設定方法について一例をご紹介します。

Page top

目標値商圏による配布エリアの設定方法

図①
図①(クリックで拡大)

右図①には配布エリアのマップが切り出されており、エリアごとに配布部数が設定されています。 地図上には3つの店舗があり、それぞれの担当する配布部数が15000部だとします。

図②
図②(クリックで拡大)

各店舗の担当エリアを決める条件として、最寄りのエリアから15000部数に達するまでの範囲を選定することとします。担当範囲は目標値商圏で設定することができます。目標値商圏の条件設定は配布エリアの配布部数で行います。(図②)

図③
図③(クリックで拡大)

配布部数は15000で設定して商圏を作ります。(図③)

図④
図④(クリックで拡大)

各店舗から配布部数が15000になる範囲で商圏が作成されました。(図④)

図⑤
図⑤(クリックで拡大)

それでは作成された商圏を元に各店舗の配布エリアを確定しましょう。
空間検索機能を使って対象となる配布エリアを検索して、対象となるエリアを選択状態にします。(図⑤)
(1)検索のターゲットレイヤに配布エリアマップを指定。
(2)検索のソースレイヤに目標値商圏を指定。
(3)空間選択方法に<ターゲットレイヤフィーチャ>が<ソースレイヤフィーチャ>に含まれるという条件を指定。

図⑥
図⑥(クリックで拡大)

上記の空間検索を行うと目標値商圏内に含まれる配布エリアマップが選択状態になります。(図⑥)

図⑦
図⑦(クリックで拡大)

選択された配布エリアに目標値商圏の商圏名を設定します。設定には「地図による集計の機能」を使用します。集計に用いる地図に配布エリアマップを選びます。対象レコードが468/2471となっているのは、配布エリア全体が2471エリアあるのに対して、空間検索で検索された商圏内のエリアが468エリアだからです。地図による集計はこの468エリアだけに行われます。(図⑦)

図⑧
図⑧(クリックで拡大)

集計対象に目標値商圏のレイヤを指定します。(図⑧)

図⑨
図⑨(クリックで拡大)

集計する情報に商圏名を指定して、地図による集計を実行します。(図⑨)

図⑩
図⑩(クリックで拡大)

地図による集計によって配布エリアマップの属性テーブルに目標値商圏の商圏名が設定されます。(図⑩)

図⑪
図⑪(クリックで拡大)

属性テーブルに設定された商圏名で色分け設定をしてみましょう。
商圏名が「店舗A」のエリアを赤、 「店舗B」のエリアを緑、 「店舗C」のエリアを青、何も設定されていないエリア<NULL>は白で設定します。(図⑪)

図⑫
図⑫(クリックで拡大)

各店舗から15000部範囲の配布エリアマップの色分けができました。(図⑫)

Page top

おわりに

目標値商圏を使った比較的簡単なケースの配布エリア設定例をご紹介しました。もう少し複雑なケースでの配布エリアの設定方法については、別の機会に改めてご紹介します。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top