ポイント間を結ぶ線を作成

はじめに

地図上に登録したポイントをもとにして線を引く機能についてご紹介します。

Page top

ポイントを結ぶ線を作成

図①
図①(クリックで拡大)

右図①には店舗のポイントが登録されています。
店舗はA、B、Cの3つのグループに分かれており、それぞれ赤、青、黄色で色分けされています。また、各店舗にはそれぞれ店舗番号が連番で割り振られています。

図②
図②(クリックで拡大)

A、B、Cの各グループごとに店舗番号の順番で店舗間を結ぶ線を引いてみます。
「ジオプロセッシング」から「ArcToolBox」を起動します。 (図②)

図③
図③(クリックで拡大)

「データ管理ツール」の「フィーチャ」から「ポイント→ライン(Points to Line)」の機能を起動します。(図③)

図④
図④(クリックで拡大)

入力フィーチャにポイントのレイヤ(店舗レイヤ)を指定します。(図④)

図⑤
図⑤(クリックで拡大)

ラインフィールドにグループ分けの情報のフィールド(グループ)を指定します。(図⑤)

図⑥
図⑥(クリックで拡大)

ソートフィールドにラインを引いていく順番の情報のフィールド(店舗番号)を指定します。(図⑥)

図⑦
図⑦(クリックで拡大)

「OK」をクリックして実行すると、グループ別に店舗番号の順番で各店舗間を結んだラインのレイヤが作成されます。(図⑦)

Page top

おわりに

ポイント間を手作業で線を引いて結ぶことも可能ですが、ポイント数が多いと大変です。ご紹介した機能を使えば効率的に行えます。ぜひ一度お試しください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top