個別属性表示

はじめに

GIS上のデータ属性情報を確認できる「個別属性表示」の機能についてご紹介します

Page top

個別属性表示

図①
図①(クリックで拡大)

右図①には統計情報のH22国勢調査(市区町村別集計)と店舗のポイントデータが表示されています。

図②
図②(クリックで拡大)

地図上には市区町村名と店舗の名称が表示されていますが、詳細な属性情報は表示されていません。個別属性表示の機能を使って、それぞれの属性情報の確認を行ってみましょう。
個別属性表示のボタンをクリックします。(図②)

図③
図③(クリックで拡大)

個別属性表示を起動したら、地図画面上のデータをクリックします。
試しにH22国勢調査(市区町村別集計)の世田谷区の面をクリックしてみましょう。(図③)

図④
図④(クリックで拡大)

個別属性表示の画面が開き、クリックしたH22国勢調査(市区町村別集計)の世田谷区の属性情報が表示されました。(図④)

図⑤
図⑤(クリックで拡大)

今度は地図画面上の店舗「支店B」のシンボルをクリックしてみます。(図⑤)

図⑥
図⑥(クリックで拡大)

店舗「B支店」の属性情報が表示されました。(図⑥)

このように地図上の任意のデータをクリックして、それぞれの属性情報について確認できる機能が個別属性表示です。

Page top

おわりに

地図上のデータは、それぞれシンボルと注記で最低限の情報のみ表示されています。詳細な情報をピンポイントで確認したい場合に、個別属性表示の機能は有効です。是非活用してみてください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top