商圏内のフィーチャ出力機能

はじめに

商圏内のフィーチャの情報を出力する「商圏内のフィーチャ出力機能」についてご紹介します。

Page top

商圏内のフィーチャ情報の出力

図①
図①(クリックで拡大)

右図①には店舗Aを中心として作成した円商圏があり、円商圏の内外に顧客のポイントデータが存在しています。円商圏の中にいる顧客を抽出してみましょう。

図②
図②(クリックで拡大)
図③
図③(クリックで拡大)

商圏内の顧客を抽出する場合、空間検索の機能で商圏に重なる顧客を選択するか(図②)、 地図による集計で商圏内の顧客を集計してExcelに出力する方法が考えられます。(図③)

図④
図④(クリックで拡大)

ただし、どちらの方法も商圏内にいる顧客がA、B、Cであるということまでは分かりますが、商圏の中心から各顧客までの距離はわかりません。
それを調べるためにはスパイダーグラフなどの別の機能を使って調べ直さなければなりません。 「商圏内のフィーチャ出力機能」を使えば、商圏内の顧客情報と中心の店舗からの各々の距離を一度に求めることが可能です。

「商圏内のフィーチャ出力機能」を起動し、距離の求め方(直線距離、道路距離、運転時間)を指定し、商圏レイヤと対象レイヤ(今回は顧客レイヤ)を選び、結果のCSVファイルの出力先を決めて実行します。(図④)

図⑤
図⑤(クリックで拡大)

CSVには商圏内のフィーチャ(顧客)と中心店舗からの各々の距離(時間)が記載されています。(図⑤)

Page top

おわりに

「商圏内のフィーチャ出力機能」は、既存の機能を組み合わせることでも実現可能な機能ですが、面倒な作業を何度も行わずに、一度の作業で求める情報の抽出ができるのがポイントです。ぜひ活用してみてください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top