等面積商圏

はじめに

店舗を中心として指定された半径で1次商圏を作成し、それと同じ面積になるように2次、3次商圏を分割して作成してくれる「等面積商圏」の機能をご紹介します。

Page top

等面積商圏の作成

図①
図①(クリックで拡大)

右図@では中心となる店舗から半径1kmの円商圏を描いています。等面積商圏は、この1次商圏と同じ面積になるように面を分割しながら、2次商圏、3次商圏を作成する機能です。文章だけだと判りずらいので、実際に作成してみましょう。

図②
図②(クリックで拡大)

店舗商圏作成機能の中から「等面積商圏」を選んで次へ進みます。(図A)

図③;
図③(クリックで拡大)

中心となる店舗を指定します。(図B)

図④
図④(クリックで拡大)

作成する商圏の次数(2次商圏、または3次商圏)を選び、1次商圏の半径(km)を設定します。(図C)

図⑤
図⑤(クリックで拡大)

タイトル名を決めて作成を実行します。(図D)

図⑥
図⑥(クリックで拡大)

2次商圏、3次商圏の面が1次商圏の面積と同じになるように分割された商圏が作成されました。(図E)

Page top

おわりに

ご紹介した等面積商圏は、使いどころの難しい商圏ですが、店舗の周囲を等面積でエリア分割を行って、その中の人口や世帯数を集計して比較してみたい、店舗の東西南北のエリアの違いを比較して見てみたい場合に便利な機能です。機会があればぜひ一度お試しください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「GISの使い方」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

GISの使い方一覧へ

Page top