スパイダーグラフとは?

スパイダーグラフ (クリックで拡大)
スパイダーグラフ (クリックで拡大)

スパイダーグラフとは、「くもの巣のような6角形のグラフ」の総称ですが、Market Planner では、「ある地点(店舗など)から放射線状に延びたライン」を指しています。この機能は、拠点(店舗)から拠点(お客様)の位置と距離を視覚的に捉え、顧客商圏を分析する際にとても有効な手法です。

Page top

商圏分析とスパイダーグラフ

スパイダーグラフは商圏の範囲を距離商圏や線商圏に加え、お客様の購買履歴などから多面的に分析するうえで大変便利なツールです。
具体的な商圏の範囲は、店舗を中心にして、その地理的広がりの程度と来店頻度(来店密度)の高低を基準にして定めます。店舗からの直線距離が近くても、その間に来店を阻害するような要因(踏み切り、河川、渋滞するポイントなど)がある場合は、消費者は多少距離が遠くても所要時間が短い店舗に買い物に行く場合もあります。
その際に、来店客調査のデータをスパイダーグラフで表すことは、見やすく精度の高い分析に繋げることが出来ます。

また、商圏の分析を行う場合、1次から3次の商圏の設定が判断基準となります。

商圏名称 来店頻度の目安 店舗からの所要時間 代表的な店舗
1次商圏 ほぼ毎日 徒歩で10〜15分程度 食料品スーパー
2次商圏 週に一度か二度 自転車で10〜15分程度 ドラッグストア
3次商圏 月に一度〜三ヶ月に一度 電車や自動車で30〜40分程度 衣料品店、家電量販店

その店舗の扱っている商材、例えば、日用品と日常品、消費財と耐久財、定番品と嗜好品の、購入者と店舗と住居までの距離の関係を分析し、科学的な数値に基づいた効率的なマーケティング活用がおこなえます。
また、広告戦略等のプロモーションを実行前と実行後で、顧客商圏の変化が、次回のプロモーション計画の立案に活用できます。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top