アドレスマッチングとは?

アドレスマッチチング(ジオコーデイング・アドレスジオコーデイングと呼ぶ場合もあります)とは、「GISで住所の文字情報を解析して、自動的に地図上にポインティングする」ことです。

アドレスマッチング機能を使うと、エクセルで作成したデータを地図上で表すことができます。

Excelで作成された店舗情報のリスト/地図上に各店舗の位置がマッピングされた

店舗の持つ顧客情報でマッチングをかけると、店舗ごとの顧客分布のばらつきを簡単に把握できます。

Excelで作成された店舗情報の顧客リスト/顧客の位置がマッピングされ、ばらつき把握が可能に

Page top

アドレスマッチングの活用方法

アドレスマッチング機能を活用して、どのようなことを調べられるでしょうか?
活用例を三つ紹介します。

例-1.店舗などを登録することで「商圏」「ハフモデル」などの分析を行うことで、店舗近隣からの集客数を見積もることが出来る。

例-2.顧客を登録することで「市場占有率」「顧客商圏」などの分析を行うことで、既存顧客のばらつきを把握することで販促計画を立てることが出来る。

例-3.スパイダーグラフなどで顧客と店舗間の距離を測定し、遠方からの顧客リストを作成することが出来る。
顧客サービスの向上に役立てられる。人口集積の分かる地図を併せて表示することで店舗の位置のエリアのポテンシャルを重ねて見ることができます。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top