市場占有率とは?

市場占有率(=market share)とは、「市場の需要全体に対する自社への需要の比率」のことを指します。業種業態によって様々な考え方や表現の方法がありますが、分かりやすく物販・小売業を想定した場合、一般的に「任意の地域や市場において自社の商品がどれくらい売れているかを示す指標」として使われており、その地域(マーケット)の(人口)総数に対して自社の顧客が何人いるのかを把握する場合は、「顧客/人口総数」の値が市場占有率となります(分母は分析対象により変化します)。

Page top

市場占有率を用いた活用方法

市場占有率を用いてどのようなことが分かるでしょうか?
以下の3つの例をご紹介します。

  • 市場占有率を地図にグラデーション表示することによって占有率の高低エリアを確認する。
  • 分母となる統計情報を変更して分析し、それぞれを地図上に表示する。
    (例)各年代別のシェアを分析し、地図上に表示し、地図を同時に並べて傾向を把握する。
  • 経年変化を地図上に表示する。過去3ヵ年の占有率の変遷をグラデーションすることで、戦略を立てることができる。

などがあります。

実際にこれらを業務において社内のプレゼンテーションやお客様への説明の資料に使用する場合、分かりやすく表現するは非常に難しいですが、「MarketPlanner」を活用した場合、分母になる統計情報や顧客情報を自由に選択でき、更に分析結果に適切な配色で、地図上にグラデーション表示する事も可能で、プレゼンテーションに非常に効果的です。
※市場占有率に関しては、こちらのコラムも是非ご覧下さい。

Excelで作成された店舗情報の顧客リスト/市場占有率、顧客の位置が地図上にマッピングされた

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top