縮尺とは?

図① 比率で表示した縮尺の例
図① 比率で表示した縮尺の例
図② スケールバーの一例
図② スケールバーの一例

「縮尺」とは、「実際の距離を地図上に縮めてあらわした割合のこと」です。縮尺は、1/1,000などのように実際の距離を分母に、地図上の距離を分子(一般には1)とする分数で表します。
表記の方法としては、1/1500のように分子と分母であらわす場合が一般的ですが、1:1500のように比率であらわす場合もあります(図①)。一般的な地図には、図②のように地図の端にスケールバーという縮尺を表したバーが表記されています。

Page top

大縮尺地図と小縮尺地図

大縮尺地図と小縮尺地図、どっちがより詳細なのでしょうか。
下記の表のように、分数表記のものを小数に置き換えるとわかりやすくなります。

分数表記 1/500 > 1/1,000 > 1/2,500 > 1/10,000 > 1/25,000 > 1/50,000
小数表記 0.002  > 0.001   >  0.0004 > 0.0001   > 0.00004  >  0.00002
縮尺 0.002  > 0.001   >  0.0004 > 0.0001   > 0.00004  >  0.00002

大きな縮尺の地図ほど、地図上の建物や道路などが大きく表示されます。大縮尺の地図では表示される地名や土地利用なども、小縮尺の地図では省略されていることがあります。
また余談になりますが、大縮尺の地図から小縮尺の地図を作られることがあります。1/25,000の地図などを実際に測量して作った地図をもとにして1/50,000や1/250,000の地図を編集することもあります。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top