シェープファイルとは?

シェープファイル(Shape File)とは、「図形情報と属性情報をもった地図データファイル」が集まったファイルです。すなわち、ある図形が地球上の「どの」位置にあり、「どんな」形状をしているのか、またその図形はどんな「属性」(性質・特徴・数値など)を持っているのか、という情報のファイルであると言えます。このシェープファイルは、GISの世界市場でトップシェアを誇る米国ESRI社が提唱したもので、ベクタデータの記録形式の一つです。一般に広く公開されており、GIS業界の標準フォーマットとも言われており、ESRI・LGGI製品はもちろん、多くのGISソフトウェアで利用が可能です。

Page top

シェープファイルの構成

図形情報と属性情報をもったシェープファイルは、私たちが通常使用するようなワードの .docファイルや、エクセルの.xlsファイルなどとは異なり、それぞれの役割(図形、属性情報など)をもった複数のファイル(例えば、拡張子が. shp、.shx、.dbf、.sbn、.sbxなど)のセットから構成されており、通常個別のファイルでは使用されません。
拡張子がdbf となっているのはdBASE IV というデータベース形式のファイルです。データベース形式ということは、このファイルはEXCEL 等の表計算アプリケーションで操作することができるということを意味します。

Page top

セットで構成されているシェープファイル

シェープファイルは、基本的にはファイルの拡張子が、「.shp」、「.shx」、「.dbf」の3つのファイルで構成されています。それぞれのファイルには下記のような特徴があります。

拡張子 説明
shp 図形の座標が保存
dbf 属性の情報が保存
shx shpの図形とdbfの属性の対応関係が保存
GISソフトによってはこの他にも 投影法についての情報を管理する prjや、 メタデータの記述されたshp.xml もあります。

上記、3つのファイルがどのような関係性を持っているか、図①で説明します。

図①
図①

左の図形「1」は[ .shp ]という拡張子のファイルで管理されています。そして、右のデータテーブルは[ .dbf ]という拡張子のファイルで管理されています。この図形「1」とテーブルをつなぎ合わせる情報が[ .shx ]という拡張子のファイルにあります。これら全体を総称して「シェープファイル」と呼びます。
基本的に、左の図形と右のテーブルは1:1の関係です。この1:1の関係が切れないように、シェープファイルを保存するときには、building.shp、building.shx、building.dbfというように3つのファイルのベース部分には同じ名前がつきます(ArcViewなどのGISソフトの多くはシェープファイルを保存するときにそれぞれのファイルに同じ名前を付けるように設計されています)。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top