統合型GISとは?

統合型GISとは、「地形図を使用者全員で共有し、同一のものを使用することで効率化を図る」仕組みのことです。

Page top

統合型GISの特徴

自治体組織の中で、道路課、固定資産課、上下水道課、農地課などそれぞれが地図を整備してはとても費用がかさんでしまいます。同じ地域の地図を整備するなら、ベースの地形図はみんなで共有して同じモノ使い(下図参照)効率化を図るための仕組みが統合型GISと言えます。

※従来のアナログ地図では各関係法令に定められた地図の精度を1つに表現することは難しかったのですが、デジタル地図ではレイヤ(階層)ごとに関係法令で定められた精度でデータを作成できるので、1つのベース地図としてインターネットGISで利用できます。

統合型GISとは?

一般的にはデータの共有は庁内のLANなどのネットワーク環境を利用します。庁内の窓口などにGISの端末を用意すれば、地域住民の利用も可能です。また、インターネットなどでの情報公開にも活用すれば、庁内での利用だけでなく、地域住民へのサービス向上に繋がります。
以下、簡単に統合型GISのメリットを紹介します。

Page top

統合型GISのメリット

統合型GISを導入するメリットは大きく二つあります。

  1. バックオフィス業務の「効率化 → 高度化」の実現
    • 地図の共有化による重複投資の軽減と業務の効率化⇒高度化
    • 多様なニーズに応じた総合的な行政サービスの実現
    • 行政評価における活用(政策マネージメントの向上)
    • 近隣市町村ならびに都道府県との地図情報共有(広域的活用)
  2. フロントオフィス業務における「住民 / 地域サービスの向上 」の実現
    • 地域コミュニティーとの双方向の情報伝達
    • 行政手続きのオンライン化・ワンストップサービスとの連携
    • 行政評価の住民説明における活用(アカウンタビリティーの向上)

Page top

より良い統合型GISために

統合型GISでは、地図データを共有するため、地図データさえ読み込めれば、GISエンジンは全ての部署で同じものである必要はありません。なぜなら、地図データがシェープファイルなど業界標準のフォーマットなら、標準的なGISエンジンであれば、簡単にデータを読み込むことができるからです。
また、地図データが標準フォーマットであることは、全国規模で行われている、市町村合併の時にも有効になります。合併する市町村同士、標準のフォーマットで整備してさえいれば、異なるGISエンジンでも地図データを共有できるため、データ整備に大規模な費用が発生しないという訳です。
もちろん同じGISエンジンで統一することによって、部署間で高度な情報を共有できることは確かですが、各課の業務内容に特化し、より使い勝手のよいGISを利用することが望ましいと言えます。統合型GISの構築を検討する際には、使用目的を明確にして、目的と予算に応じた計画が重要になります。
GISそのものが進化しているため、統合型GISもまだまだ進化していくでしょう。最近ではWeb型(システム導入時のクライアント側のセットアップが不必要)の統合型GISもネットワーク環境をフルに生かしたGISとして注目を浴びています。これからの統合型GISがどのように発展していくのか、興味のある方、もっと統合型GISについて知りたい方は こちらより、お気軽にお問い合せください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top