事業所統計データとは?

事業所統計データとは、総務省統計局が主体となって行う、日本に所在するすべての事業所を対象とした調査「事業所・企業統計調査」の調査結果をデータにまとめたものです。下のように5年おきに調査を行い、間に簡易調査をはさみます。国勢調査データと同様、GISを使って高度な地域分析をするためには、欠かせない統計情報です。

イメージ画像

Page top

事業所データの調査単位

図①
図①

事業所統計データの調査単位ですが、原則として1区画の場所で単一の経営者が事業を営んでいる事業所を調査単位としています。単一の経営者が異なる場所で営んでいる場合は、それぞれ異なる場所ごとに調査します(図①)。

調査内容
事業所名
電話番号
所在地
経営組織
本所か支所か
開設時期
従業者数
事業の種類
資本金・出資金

調査の内容は右表のような、事業所および企業に関する項目を調査します。また、企業活動の多角化に対応するため、逐次、調査項目を充実しているようです。

調査対象である人は、調査に回答することが義務付けられている一方で、秘密が漏れないように、法律によって保護されています。

Page top

事業所統計データの利用例

図② 事業所の数による色分け (クリックで拡大)
図② 事業所の数による色分け (クリックで拡大)
図③ 指定園内の事業所の数を分析 (クリックで拡大)
図③ 指定園内の事業所の数を分析 (クリックで拡大)

調査・集計されたデータは、市場調査・分析に利用できます。その利用例を下に示します。

図②は、パチンコホールの事業所を500mメッシュ単位でグラデーション表示したものです。ピンク色が濃いほどパチンコホールの数が多いことが分かります。

図③は、都内の駅を中心に半径1kmにパチンコホールが何件あるのか分析した結果です。この結果から、新宿や上野駅などの周辺が、都内の超激戦区だということがわかります。

こうした統計データを色分け表示したり、分析したりすることで、いままで膨大な時間とコストをかけていた市場調査がすっきり簡単にできるようになるわけです。事業所統計データは、この他にも「飲食店、病院、学習塾」など、ありとあらゆる業種の事業所データが詰まっています。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top