国勢調査データとは?(統計用語)

国勢調査」とは総務省統計局が主体となって行う、全国民参加の人口や世帯に関する調査です。GISを使って、高度な地域分析をするためには、基本となる統計情報は欠かせない存在です。本項ではエリアマーケティングソフトで「国勢調査」データを利用される際に、おさえておきたい用語をお伝えします。

Page top

押さえておきたい統計用語

エリアマーケティングで分析した結果を元に、営業戦略を策定する場合に間違った解釈をしないためにも、統計情報の定義をしっかり理解しておく必要があります。よく使われる用語を以下にまとめました。

用語 定義
人口 調査日において,調査の地域内に常住している「常住人口」のこと
年齢 調査日前日の満年齢
人口性比 女性100人に対する男性の数。
人口性比(%)=(男性人口/女性人口)×100
世帯 国勢調査では、世帯を「一般世帯」と「施設等の世帯」に区分しているが、「MarketPlanner」では「一般世帯」を対象にしている
労働力状態 15歳以上の人について、調査期間内に「仕事をしたかどうか」により、区分したもの。労働力人口と非労働力人口に二分される。
労働力人口 15歳以上の者で、就業者と完全失業者をあわせたもの。
非労働力人口 15歳以上の者で、労働に全く携わっていない者(専業主婦や学生など)。
就業上の地位 就業者について、その人が仕事をしていた事業所における地位によって区分したもの。
産業 就業者について、その人が実際に仕事をしていた事業所の主な事業の種類によって分類したもの。
職業 就業者について、その人が実際に従事していた仕事の種類によって分類したもの。
昼間人口 常住人口(夜間人口)から、他の地域へ通勤・通学する「流出人口」をのぞき、他の地域から当該地域へ通通学してくる「流入人口」を加えたもの。
秘匿措置 一つの地域メッシュにおいて、世帯総数又は人口総数が極めて少ない場合、秘匿措置として当該地域メッシュの数値は単独では表章せず、近接する地域メッシュの数値に合算した上で表章されたもの。

Page top

「市区町村別集計」、「町丁字等別集計」、「メッシュ集計」の違い

図① (クリックで拡大)
図① (クリックで拡大)

「市区町村別集計」、「町丁字等別集計」、「メッシュ集計」は、データをまとめている単位が異なり、調査の目的に応じて使い分けます。

市区町村別集計の図
市区町村単位で調査結果がまとめられています(図①)。

図② (クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)

町丁字等別集計の図
町丁字単位で調査結果がまとめられています(図②)。

図③ (クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)

メッシュ集計の図
メッシュ単位で調査結果がまとめられています(図③)。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top