オルソ画像とは?

航空写真では、高い建物や山間部、また写真の中心から外周に行くに従ってひずみが生じ、このような状態では、計測を行うこととも地図と重ね合わせることもできません。このひずみを修正することをオルソ補正といい、この補正をかけた航空写真のことをオルソ画像と呼びます。

Page top

航空写真撮影もデジタルの時代!?

図① 従来は写真を繋ぎ合わせるのに労力を要しました。
図① 従来は写真を繋ぎ合わせるのに労力を要しました。
図② 地上を直下視した写真は少なく、写真の端は建物が倒れたように撮影されます
図② 地上を直下視した写真は少なく、写真の端は建物が倒れたように撮影されます

従来のアナログ写真は、数百mごとに空中の1点から広域を撮影しているので、フィルム外縁部の建物は外側に倒れたり、地形が外側にずれたりしまいます(このズレをひずみと言います)。したがって、写真のつなぎ合わせが非常に困難な作業でした。

図③航空機デジタルマルチラインセンサーシステムの場合、前方視、直下視、後方視の3ラインで撮影
図③ 航空機デジタルマルチラインセンサーシステムの場合、前方視、直下視、後方視の3ラインで撮影
図④従って、オルソ化に適した直下視の垂直写真がたくさん取得できる
図④ 従って、オルソ化に適した直下視の垂直写真がたくさん取得できる

しかし、いまでは航空機デジタルマルチラインセンサーシステムという、レーザースキャナを用いて地上を撮影する方法に置き換わりつつあります。これは、コピー機で紙をスキャニングするように、空中から、地表をスキャニングする方法です。

Page top

最新オルソ写真

図⑤(クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)
図⑥(クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)

従来のアナログ写真でのオルソ画像は、写真をつなぎ合わせていたので、どうしても接合部分がわかってしまいました。しかし航空機デジタルマルチラインセンサーシステムで直下視撮影した画像を使用すると、真上から見た倒れこみのない画像データを広域で作成することができるようになり、オルソ画像の品質も向上しています。

従来撮影では、写真の繋ぎ目で上左図のように建物をきれいに表現できない等の問題が発生することありましたが(図⑤)、最新の機材で撮影したオルソ画像はこうした問題がほとんどありません(図⑥)。

図⑦航空写真を用いた視覚的な都市モデル「MAPCUBE」 (クリックで拡大)
図⑦ 航空写真を用いた視覚的な都市モデル「MAPCUBE」 (クリックで拡大)

また、オルソ画像は視覚的なアピールが強いため、広告用途などに用いられることも多く、身近なものになっています。近年では都市モデルと重ね合わせることにより、よりリアルな3D都市を表現することができ、景観シミュレーションなどに用いられています。


<参考>
最新のオルソは、自治体などで地番図や家屋図などの作成など固定資産業務で利用されています。また、どこの地区をとってもキレイなことから、テレビ報道番組やチラシなどでの利用もされています。 パスコではオルソ画像を販売しております。撮影済みの地区、未撮影の地区などがございますので、ご希望の方は お問合せください。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top