鉄道ネットワークデータとは?

「鉄道ネットワークのデータ」とは文字どおり「鉄道網情報」を指します。
出発の駅名と到着先の駅名を入力すると、経路や料金、所要時間等を提示してくれる経路検索ソフト(機能)を、アプリケーションソフトやインターネットのサービス機能などでご覧になった事があるかと思います。経路検索を行うに当たっては、駅間の接続情報(時間、距離)や駅情報(駅の位置情報、乗り換えに関する情報等)、路線情報(路線図や各路線の接続情報等)などの鉄道網に関する各種データを用いて検索処理が行われています(注)。本項では、この鉄道ネットワークのデータをGISが持っていた場合、そのデータを利用してどのような機能を持たせる事ができるのか?データを用いたGISの機能例を用いてご説明します。
(注)これらのデータは一例で、実際には経路検索ソフトによって、扱っている情報はそれぞれ異なります。

Page top

鉄道ネットワークのデータの使用例

図① (クリックで拡大)
図① (クリックで拡大)

「駅時間商圏の作成」

特定の駅を出発点として移動時間を設定して商圏を作成する機能です。出発駅から設定した移動時間内に到着した駅については、残りの時間を駅から徒歩で歩いた事にして商圏を作成する事もできます。

例-1:駅を中心とした時間商圏を求める

出発点の駅「新宿」から10分の移動時間の設定で商圏を作成し、ます(図①)。

図② (クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)

Step-1:駅を中心とした指定時間での商圏を調べます(図②)。

図③ (クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)

Step-2:出発地を指定します(図③)。

図④ (クリックで拡大)
図④ (クリックで拡大)

Step-3:検索時間を指定します(図④)。

図⑤ (クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)

Step-4:駅からの指定時間での商圏が表示されました(図⑤)。
また、10分以内に到達した駅からは、最大10分の徒歩時間による商圏を作成する設定となっています。出発駅から近い駅ほど駅を中心とした徒歩移動での商圏範囲が広くなっているのがわかります。

図⑥ (クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)

例-2:中心駅からの移動時間による駅検索

出発駅(中心となる駅)から指定の移動時間で到達できる駅を検索して、その結果をCSVファイル形式で出力する機能です。

中心となる駅に「新宿」駅を指定します(図⑥)。

図⑦ (クリックで拡大)
図⑦ (クリックで拡大)

Step-1:駅を中心とした指定時間での駅検索を選択します。(図⑦)。

図⑧ (クリックで拡大)
図⑧ (クリックで拡大)

Step-2:出発駅を指定します(図⑧)。

図⑨ (クリックで拡大)
図⑨ (クリックで拡大)

Step-3:そこから10分の移動圏内に存在する駅を検索させます(図⑨)。

図⑩ (クリックで拡大)
図⑩ (クリックで拡大)

Step-3:上記の条件で検索された駅の出力情報には、駅名およびその路線名、到達時間等が表示されています(図⑩)。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top