エリアマーケティングツールとは?

エリアマーケティングツールとは、地域(エリア)に即した販売戦略(マーケティング)を行なうための道具(ツール)です。エリアマーケティングとGISの関連性について、以下で説明します。

Page top

エリアマーケティングとGISの関連性

図① 出店計画 (クリックして拡大)
図① 出店計画 (クリックして拡大)

「地域に即した販売戦略」の代表的な例を紹介します。
1:店舗を出店した場合のお客様の来店数の見込みや、その売り上げ予測による出店計画(図①)。

図② 人口数の調査 (クリックして拡大)
図② 人口数の調査 (クリックして拡大)

2:店舗からの特定の範囲内における対象となる年代の人口数の調査(図②)。

図③ チラシなどの折込エリアの抽出(クリックして拡大)
図③ チラシなどの折込エリアの抽出
(クリックして拡大)
図④ 他社店舗と自社店舗との優位地区を色分けした例 (クリックして拡大)
図④ 他社店舗と自社店舗との優位地区を色分けした例 (クリックして拡大)

3:近隣地域の世帯数から、宣伝広告の効果的なチラシなどの折込エリアの抽出(図③)、同じ地域内の競合他社店舗と自社店舗との優位性を比較して、お客様の吸引効果の高い地区や低い地区を判断する(図④)。

などが挙げられます。こうした、地域を特定した上での販売戦略を行うツール (エリアマーケティングツール)としてGISは大変適しています。その理由を以下の章で説明いたします。

Page top

GISがエリアマーケティングツールのベースとして適している理由

図⑤ 対象地域の設定が簡単(クリックして拡大)
図⑤ 対象地域の設定が簡単
(クリックして拡大)

GISがエリアマーケティングツールのベースとして適しているのは大きく3つの理由があります。

1:「対象地域(エリア)の設定が簡単」
GISには日本全国の地図情報を持っていますが、作業対象の地域(エリア)を自分で選択することができ、複数の県を跨ぐような広範囲のエリアや特定の市区町村内の狭い範囲でのエリア等を自由に設定することができ、自分が作業しやすいエリアで分析することが可能です。

図⑥ 店舗や顧客のポイントを自由に配置可能(クリックして拡大)
図⑥ 店舗や顧客のポイントを自由に配置可能(クリックして拡大)

2:「店舗や顧客のポイントを自由に配置可能」
地図画面上に自社や競合他社の店舗、そして顧客等のポイントを自由に配置する事が出来ます。住所や座標が判っていれば実際の位置に即した地図画面上の位置に簡単に配置させることもできます。更にそれらのポイントデータには店舗名や売場面積等の属性情報を持たせることもできます。

図⑦ 統計情報が使える(クリックして拡大)
図⑦ 統計情報が使える
(クリックして拡大)

3:「統計情報が使える」
エリアマーケティングに不可欠な地域の人口や世帯数などの国勢調査の統計情報をはじめとする、各種の統計情報を地図画面上に読み込む事により、販売戦略の分析に使用することが可能になります。

つまり、GISではエリアマーケティングの分析に必要となる各種情報を地図画面上に簡単に配置する事が可能なのが大きな特色であると言えます。こうしたGISの特徴の上に、販売戦略に必要な各種の機能を付加したものが「エリアマーケティングツール」です。

各種機能に関しては「エリアマーケティングツールの機能とは」で説明しています。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top