グラフィックデータとは?

エリアマーケティングツールから分析結果をレポート出力した場合 (クリックで拡大)
エリアマーケティングツールから分析結果をレポート出力した場合 
(クリックで拡大)

グラフィック(graphic)とは、一般的に対象を視覚的に表現することです。つまり、グラフィックデータとは、数値属性を視覚的に表現したもの、と言うことが出来ます。
右の図はエリアマーケティングツールから分析結果をグラフィックデータとして出力した例です。出力された分析結果レポートに貼り付けられたグラフィックデータですが、どのような画像形式が使われているか、グラフィックデータの種類とその特長を簡単ご紹介します。

Page top

ラスタデータとベクタデータ

図① ラスタデータの例(クリックで拡大)
図① ラスタデータの例
(クリックで拡大)
図② ベクタデータの例(クリックで拡大)
図② ベクタデータの例
(クリックで拡大)

グラフィックデータは大きく分けると「ラスタデータ」という形式と「ベクタデータ」という形式に分ける事ができます。
ラスタデータとは図①のように格子状のドットの集まり(配列)により構成されるグラフィックデータで、作成や修正が簡単な代りにデータ量が大きくなりやすい等の特徴があります。
主なラスタデータの画像形式としてはBMP、GIF、JPEG、PNG、PDF等があります。

ベクタデータとは図②のように画像を構成する情報を座標値よって管理しているグラフィックデータです。
ラスタデータに比べデータ量が少なくてすみ、拡大縮小を行っても画像がきれいに表示されますが、作成や修正にPCのパフォーマンスが必要であったりします。
主なベクタデータの画像形式としてはEPS、AI等があります。

Page top

画像形式による特徴

代表的な画像形式のいくつかを取り上げて、その特徴をご紹介します。

BMP
(ビーエムピー)
(ビットマップ)
Windowsで標準的に使われている画像形式です。圧縮されていないため、ファイル容量が大きいのが難点ですが、Windows搭載のPCであれば簡単に閲覧できるのが特徴です。
JPEG
(ジェイペグ)
圧縮する事ができ、圧縮率によって画質とファイルサイズが変化します。
ただし圧縮して劣化したものは元には戻せません。
主に写真画像に利用されている形式です。
TIFF(ティフ) 画質を劣化させることなく圧縮できるのが大きな利点ですが、互換性が弱いのが特徴です。
GIF(ジフ) 扱える色数が最大256色の画像形式のため、詳細な画像には向きませんが、データが軽いのが特徴です
PNG(ピング) Web上での画像表示を目的として作られた形式です。
色数は多いのですがJPEG、BMPなどに比べるとまだ一般的ではありません。
PDF
(ピーディーエフ)
アドビシステムズが電子文書の配布を目的に開発したデータ形式です。
閲覧にはアドビシステムズ無償配布のAcrobat Readerが必須ですが、プラットフォームや機種に依存せず、印刷物のイメージをそのままコンピュータ上で再現する事ができるのが特徴です。
EPS
(イーピーエス)
ベクタ形式のデータですがBMP形式を含めることも可能です。
DTP向きの画像形式です。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top