ジオリファレンスとは?

図①(クリックで拡大)
図①(クリックで拡大)

ジオリファレンスとは、「紙の地図をスキャンしたイメージや、任意に入手した地図イメージファイルをGISの地図画面上に取り込んで同じ位置で重ね合わせて表示する」機能です。

GIS上の地図データは全て自分が表示されるべき位置の情報(座標)を持っています。(図①)

図②(クリックで拡大)
図②(クリックで拡大)
図③(クリックで拡大)
図③(クリックで拡大)

それに対して外部から読み込んだイメージファイルは、自分が表示されるべき場所や範囲の位置情報を持っていないため、表示位置や大きさが定まりません。(図②③)

図④(クリックで拡大)
図④(クリックで拡大)

イメージファイルに表示されるべき位置の情報(座標)を与えることで、GIS上で常に正しく表示させることができます。この機能をジオリファレンスと呼んでいます。(図④)

Page top

ジオリファレンスの設定例

図⑤(クリックで拡大)
図⑤(クリックで拡大)

ジオリファレンスの設定例についてご紹介します。

例:「地図に航空写真の一部を取り込む」

図⑤は都内の一部地域の航空写真のイメージ画像(JPEG)です。
ジオリファレンスの機能を活用して、この画像をGISに取り込んで同じ地域に表示させてみましょう。

図⑥ (クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)

Step-1:取り込もうとしているイメージ画像とだいたい同じ地域を表示しておきます。(図⑥)

図⑦ (クリックで拡大)
図⑦ (クリックで拡大)

Step-2:続いて、イメージファイルをGISに読み込みます(図⑦)。

図⑧ (クリックで拡大)
図⑧ (クリックで拡大)

イメージファイルは読み込まれましたが、位置情報をもっていないため表示してほしい場所に表示されません(図⑧)。

図⑨ (クリックで拡大)
図⑨ (クリックで拡大)

Step-3: 一旦、ジオリファレンスの機能で表示している範囲に読み込んだイメージファイルをフィットさせてみます(図⑨)。

図⑩ (クリックで拡大)
図⑩ (クリックで拡大)

Step-4:背景の道路と見比べるとズレがありますので、複数のポイントで背景地図とイメージファイルの位置が一致するように微調整します(図⑩)。

図⑪ (クリックで拡大)
図⑪ (クリックで拡大)

Step-5.3箇所のポイント(コントロールポイント)の座標でイメージファイルの表示位置が設定されました(図⑪)。

図⑫ (クリックで拡大)
図⑫ (クリックで拡大)

Step-6:イメージファイルと同じ場所にイメージファイルと同名の.aux.xmlファイルやワールドファイル(.jgw)が作成されます(図⑫)

図⑬ (クリックで拡大)
図⑬ (クリックで拡大)

Step-7:これらのファイルとイメージファイルをセットで扱うことにより、座標値を持つ画像データとしてGIS上で取り扱えるようになり、以後は常に正しい位置と範囲で表示されます(図⑬)

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top