マージとは?

(図① クリックで拡大)
図① (クリックで拡大)
(図② クリックで拡大)
図② (クリックで拡大)

「ディソルブ」が、「1つのレイヤーの中にある複数の面やポイントを1つにまとめる機能」(図①、図②)であるのに対し、「マージ」とは「複数のレイヤーを1つのレイヤーにまとめてしまう機能」です。

Page top

複数のポリゴンレイヤーを1つにまとめる

(図③ クリックで拡大)
図③ (クリックで拡大)
(図④ クリックで拡大
図④ (クリックで拡大

図③には、販売エリアA・B・Cの3つの異なるボリゴンレイヤーが存在しています。
マージ機能を便って、この3つのポリゴンレイヤーを1つにまとめてみましょう。(図④)

(図⑤ クリックで拡大)
図⑤ (クリックで拡大)

マージ機能を使用して新しく作成されたのが販売エリアDのレイヤーです。(図⑤)

販売エリアDには3つのレイヤーの全ての面(ポリゴン)が存在しています。このようにマージ機能を用いることで、異なる複数の面(ポリゴン)レイヤーを簡単に1つにまとめられます。

Page top

複数のポイントレイヤーを1つにまとめる

(図⑥ クリックで拡大)
図⑥ (クリックで拡大)
(図⑦ クリックで拡大)
図⑦ (クリックで拡大)
(図⑧ クリックで拡大)
図⑧ (クリックで拡大)

マージは面(ポリゴン)のレイヤーだけでなく、ポイントのレイヤーに対しても行えます。

右図⑥では店舗XとYの2つのポイントレイヤーが存在しています。マージの機能によってこの2つのポイントレイヤーを1レイヤーにまとめてみましょう。(図⑦)
店舗Xと店舗Yをマージして出来たものが店舗Zです。(図⑧)

ポリゴンレイヤーのときと同じように、元になったレイヤーの全てのポイントが1レイヤーにまとめられています。

このようにマージは非常に便利な機能ですが、ポリゴンとポイントのように属性の異なるレイヤー同士は結合することができませんのでご注意ください。

個別に分けて作っていたレイヤーを1つにまとめて分析したい場合などにマージは大変便利な機能です。また、空間解析機能の中でも使用方法が簡単で、わかりやすい機能です。

Page top

マーケットプランナー商圏大勝


「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top