パンクロマチック画像とは ?

リモートセンシングでは、主に対象物からの反射または放射される電磁波が用いられます。パンクロマチック画像とは、この電磁波を衛星や航空機等のプラットフォームに搭載されているセンサーで受け、波長帯毎にデジタル化して画像する過程で、「特定の1つの波長帯(単バンドや1バンド、1チャンネルとも呼びます)のみを観測した画像」を指します。

Page top

パンクロマチック画像の特徴

パンクロマチック画像(大阪上空)

パンクロマチック画像は、特定の1つの波長帯のみを観測していますので、画像は白から黒までのグレースケール(モノクロとも呼びます)になります。

一般的に、センサーのうち、パンクロマチック画像とマルチスペクトル画像の両方が得られるセンサーでは、パンクロマチック画像の方が高分解能(対象を識別できる能力)となり、建物や森林等の地物の形状の判読に向いています。

国産衛星である陸域観測技術衛星ALOS「だいち」には、パンクロマチック画像が得られるPRISMセンサーが搭載されています。分解能が高い特徴から、判読による地図作成や、自動処理による高分解能なDSM(デジタル表層モデル)生成等に活用されています。

Page top

<参考>
陸域観測技術衛星ALOS「だいち」 PRISMセンサー
http://jp.alos-pasco.com/alos/prism/index.html

Page top

「用語集」はパスコのメールニュースによって配信されています。
メールニュースを希望されるかたはこちらからご登録ください。

用語集一覧へ

Page top