世界を測り、未来を計る。

新たな事業領域を開拓し、課題解決に挑戦

空間情報で人々の豊かな暮らしに貢献します

パスコの事業は世界最高水準の空間情報技術を用いて、政府機関や官公庁、民間企業をサポートすることです。
その技術は国内だけでなく全世界で高く評価され、
人々の安全な暮らしの維持、企業の迅速な意思決定や業務効率化、危機管理などに活かされています。
新たな技術の開発やビジネスモデルの変革により、価値あるサービスを提供し、より良い社会の構築を目指しています。

あなたの身近にあるパスコの仕事

空間情報を活用したパスコの仕事は多岐にわたります。その仕事は、あまり目立たず、ひっそりと社会を支えています。
公共交通機関の安全運行、快適な道路環境、楽しい観光や野球観戦のほか、自然災害のリスク対策にも活用されています。
※イラストの中に「パスコの仕事」への入口が潜んでいます。 下のリンクをクリック!

被害を最小限に食い止めるために (災害とパスコ) 私たちの生活に必要な社会基盤を整備しています (道路とパスコ) 空間情報で、あなたの旅をサポートしています (観光とパスコ) 輸配送の効率化は環境にも優しい (物流とパスコ) 空間情報と統計を利用した集客 (プロ野球とパスコ) 鉄道事業をサポートしています (鉄道とパスコ)

パスコの大切なお客様

空間情報技術を活用したパスコの事業は、国土保全や環境・災害対策のほか、国や地方自治体の行政業務を支援する「B to G」と小売・サービス業、製造業、不動産業、通信業、金融業などのあらゆる分野の企業様の意思決定を支援したり、生産性の向上を支援する「B to B」に大別できます。

「B to G(Business to Government)」政府や自治体のお客様へ

国や地方自治体のお客様に対しては「地域の皆さんの安全と安心を守る」というお客様の使命を、空間情報を使ってお手伝いしています。

世界や国の動向、法改正などの動きを敏感にキャッチし、エリア情報、住民情報、ネットワーク情報など、さまざまな空間情報を組み合わせ、新たな仕組みや、業務の効率化・品質向上のご提案を行っています。

  • 固定資産税評価の基礎調査
  • 道路・上下水道の維持管理
  • 防災計画や都市計画
  • 観光・地域振興
  • 自律移動支援
  • 住民向け情報公開

など

「B to B(Business to Business)」民間企業のお客様へ

小売・サービス業、金融、不動産、製造、物流、自動車、通信など、あらゆる民間企業のお客様に空間情報サービスを提供しています。一言でいえば「企業の意思決定と効率化を空間情報によって支援する」ということになります。

エリア情報、位置情報、道路ネットワーク情報など、さまざまな空間情報を組み合わせ、視覚化したサービスを展開しています。

  • 出店計画や施設の統廃合、売上予測
  • 物流ルートの最適化と移動体管理
  • 自然災害対策と危機対応
  • 用地、施設管理

など