2018年度新卒採用

あなたの成長をサポートします。

空間情報の収集・分析からデータ活用までワンストップで提案

世界最高レベルの技術力で、社会の課題解決に挑むプロフェッショナル集団

私たちのミッションは、社会やお客様のニーズを敏感にキャッチし、空間情報の活用により、さまざまな課題を解決すること。
すでに顕在化したニーズの収集にとどまらず、自ら新たなニーズを生み出す能力も求められます。
高度な技術力はもちろん、洞察力、発想力、企画力、提案力、営業力を持つプロフェッショナル集団を追求します。

パスコの課題解決の流れ

【空間情報の収集】 人工衛星・航空機・車両・船舶・地上など、あらゆる視点から最先端の技術を用いて、幅広く空間情報を収集できることがパスコの強みです。
さらに、オープンデータやビッグデータの活用も進めています。
【空間情報の加工・処理・解析】 収集した空間情報に加工・処理・解析を加え、空間情報の付加価値を引き出し、膨大な情報を可視化します。
最新の技術を使って社会の課題を解決するパスコの専門技術者が、世界中で活躍しています。
【サービスの提供】 災害対策、環境保全、業務の効率化、地域分析、インフラ維持管理など、企業や行政の課題解決を支援しています。
そのフィールドは日本に留まらず、開発途上国から先進国まで全世界へ拡がっています。
【社会ニーズの収集】 世界や国政の動向を敏感にキャッチし、社会の潜在的なニーズを収集しています。
また、国の政策プロジェクトに参画するなど、空間情報の新しい市場の創出にも取り組んでいます。
【お客様ニーズの収集】 お客様にパスコの技術やサービスを紹介しながら、さまざまな悩みや課題を集めています。
それらは潜在的な社会ニーズにつながっていることも多く、行政や企業活動を改善する原動力となります。
【問題解決プランの策定】 社会のニーズやお客様の声から課題解決の新しい手法を導き出し、ニーズに基づいた新技術の導入・研究開発・実用化研究などの取り組みが、パスコの成長を支えています。

求める人材

学生の皆さん、パスコホームページにようこそ。
当社は、高い技術力と利活用のノウハウで、社会の課題を解決する空間情報サービスを提供し、安心で豊かな社会システムの構築を推進しています。

あらゆる視点から空間情報を収集する多彩な技術力と加工・処理・解析技術によって、人々の日常生活から企業活動、行政業務から地球規模の環境・災害対策まで、さまざまなソリューションを提供することがパスコグループの責務です。

この事業展開の中で、人類社会に貢献する最先端の技術を提供することが私たちの使命であり、その技術により人々の生活がより良くなることが私たちの願いです。
そのためには、チャレンジし、変革し続けることが必要となります。

更なる飛躍のため、世界を相手に挑み、自分の将来像を思い描き、自分の置かれた立場や周囲の状況をよく見て考え判断し、既成概念を打ち破る想像力と強い信念を持った人財を求めています。

フィールドは世界へと開かれています。
空間情報をリードする『パスコ』の一員として、ともに挑戦する意思と能力のある仲間を歓迎します。

パスコは空間情報の世界No.1を目指す 人財 ・・ を求めています。

好奇心旺盛なかた
突き詰める姿勢を 持てるかた
能動的に 行動できるかた

先輩社員からのメッセージ

私の仕事営業

2013年入社
システム事業部所属
総合文化政策学専攻卒業

民間企業のさまざまな課題をヒアリングし、ニーズに合わせたソリューションを提案。

学生時代は「メディア産業」と「都市計画」について学んでいました。都市計画をテーマにしたゼミの活動では、住みやすいまちづくりを研究。この経験が、パスコに入社するきっかけとなりました。入社後は主に小売・流通企業向けの営業を担当し、「マーケティング」「物流」「防災」という3つの切り口で、お客様のニーズに合わせたソリューション提案を行っています。パスコの仕事の面白さは、若いうちから大手企業との取引を担当させてもらえる上、ターゲット顧客も自分で開拓できる裁量の広さにあります。自身の提案がお客様の業務自体を改善できた時は、言葉に表せないほどの充実感があります。

私の仕事企画

2012年入社
事業推進本部所属
土木環境工学専攻卒業

展示会の運営や新規プロジェクトに携わり、市場創出や受注拡大を推進。

学生の頃は下水処理の手法や河川の水質評価方法について研究していました。実験結果の解釈次第で仮説や結論が全く異なるため、試行錯誤の毎日でした。研究内容は現在の仕事とは直接関係ありませんが、正解がない中で方向性を見出す点は仕事とも共通しています。入社当初は展示会の企画や運営、販売促進資料の作成を担当しました。現在は新規プロジェクトの企画立案や提案書作成など、市場創出や受注拡大に取り組んでいます。学生時代に学んだ、「自分の考えや見聞きしたことを正しく相手に伝える能力」は、就職してからも役立ちます。充実した学校生活を過ごし、社会に飛び出していただきたいと思います。

私の仕事技術

2012年入社
関西事業部所属
建築学専攻卒業

防災業務の策定など行政をサポート。
住民の生命を守る仕事にやりがいを実感。

大学では建築学を学び、急激な人口減少と高齢化が進む地方都市が今後目指すべき市街地像について研究していました。現在は主に防災業務を担当。住民に向けて災害の危険性や避難について啓蒙する「ハザードマップの作成」や「ワークショップの実施」、行政が平常時・災害直後・復興期になすべきことを示す「防災計画の策定」などに携わっています。就職活動では「今の自分がやれることをやり切ってみる」をモットーに活動しました。その結果、うまくいってもいかなくても受け入れられると思ったからです。できることにトライして、後悔しないよう取り組んでください。

私の仕事技術

2012年入社
東日本事業部所属
社会工学専攻卒業

GISを扱った経験から入社を決意。
営業や他部門の技術者との交流が楽しみ。

学生時代は建築学科に所属し、建物や都市の環境について学習していました。研究でGISを使っていたことから興味を持ち、パスコへの入社意欲が高まりました。担当している仕事は、自治体のお客様を対象とした固定資産税に関する業務です。地番図と呼ばれる図面作成やシステムの導入、データ更新など業務は多岐にわたりますが、その分できることも徐々に増え、やりがいを感じています。また、お客様だけでなく、営業職や他部署の技術者など、たくさんの人との出会いも楽しみの一つです。就職活動は自分が何をしたいのか、何ができるのかを見つめ直し、成長できる絶好の機会。素直な気持ちで臨んでください。

私の仕事技術

2011年入社
中央事業部所属
社会交通工学専攻卒業

精密測量や測位衛星を利用した測量に従事。
研究開発にも積極的に取り組みたい。

大学時代は交通工学を専攻し、その中でも主に位置情報や空間情報を扱う研究室に所属していました。MMS(Mobile Mapping System)やGNSS(Global Navigation Satellite System)測量を専門的に学びました。現在は測地技術を応用して、大型科学実験装置を設置するための精密測量を担当しています。また、準天頂衛星(日本)、GPS(アメリカ)、GLONASS(ロシア)、Galileo(欧州連合)などの測位衛星を利用したマルチGNSS測量の検証試験に取り組んでいます。パスコは研究開発を積極的に行っているので、自分の考えが実現できる可能性の高い会社です。同じ志を持つ学生のみなさん、一緒に未来を測りませんか。

募集要項

採用実績 2015年度 52名
2016年度 26名
2017年度 29名
募集職種 【営業】
  • 公共営業
  • 民間営業
【管理】
  • 管理(総務、広報、人事、人材開発、経理、財務、法務)
【技術】
  • 測量・計測
  • 情報システム
  • 建設コンサルタント
  • 衛星分野
  • 研究開発
※営業・管理・技術に大別して選考いたします。
資格 2018年3月卒業(修了)見込みの者
卒業後3年以内既卒者
給与 大卒基本給 201,200円
修士基本給 214,700円
2016年度実績(住宅手当別途支給)
待遇 給与年1回改定、賞与年2回 ※会社業績により期末賞与あり
各種手当(住宅、通勤、時間外等)、各種社会保険
勤務時間 所定勤務時間 9:00~17:30(休憩65分)
育児対象者、介護対象者の短時間勤務あり
勤務地 主要6箇所(東京、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)
他 全都道府県
海外グループ会社 中国、フィリピン、タイ、ラオス、ベトナム、インドネシア、フィンランド、ベルギー、アメリカ、ブラジル
休日・休暇 認証取得マーク[えるぼしマーク]認証取得マーク[育児支援次世代「くるみん」]年間休日 125日(2016年度実績)
完全週休2日制、年末年始、創立記念日、夏季休暇、年次有給休暇(失効年休積立、計画年休)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、育児休業、介護休業

選考方法

採用の流れ

パスコホームページを確認

マイナビ2018よりエントリー

会社説明会(東京、大阪などを予定)

書類選考

一次面接(東京、大阪を予定)

二次面接(東京)

最終面接(東京)

内定

※全ての段階での選考結果は、必ずお知らせします。
※1次試験合格者に適性検査、2次面接当日に小論文、筆記試験を行います。
※状況により、選考方法が変わる場合があります。
連絡先

株式会社パスコ
基幹業務本部 人材開発部 採用担当

〒153-0043 東京都目黒区東山1-1-2東山ビル
フリーダイヤル:0120-213-342
TEL: 03-5722-7602(直通)
FAX: 03-5722-7601
E-mail: