あなたの身近にあるパスコの仕事

台風、豪雨、火山、地震。私たちは多くの自然災害と隣り合わせで暮らしています。こうした自然災害をなくすことはできません。しかし、災害に関する啓蒙や備えにより、被害を最小限に留めることは少なからずできます。そして災害が起きた際、被災状況をいち早く確認することは、復旧活動を支援することに繋がります。そこに、パスコの空間情報技術が生かされています。

自然災害に備える

台風・豪雨・地震など、様々な要因で起こり得る土砂災害。

土砂災害から命を守る施策として、「土砂災害防止法」が制定され、土砂災害に備えるために土砂災害警戒区域の指定が進められています。この警戒区域の指定に必要な基礎調査業務などを支援するのがパスコの役目の一つです。

たとえば、該当地域の計測業務の実施や砂防基盤データの作成、このデータをもとにした危険箇所の区域設定など、行政業務を支援しています。また、設定された情報を統合型GISに取り込み、庁内での情報共有を行うほか、地域住民への周知に必要なインターネットサイトや印刷物の作成など、自治体の防災関連業務の支援を行っています。

このように皆さんの目に見えないところで、パスコは住民生活の安全・安心に貢献しています。

※GIS:地理情報システム(Geographic Information System)

緊急時の対応

TerraSAR-Xによって撮影した画像
TerraSAR-Xによって撮影した画像

まだ人々の記憶に新しい、東日本大震災。パスコは地震直後から人工衛星や航空機を活用して、広範囲にわたる被災地の情報を収集し、被災状況の把握に努めました。

この活動の一つに、合成開口レーダー衛星「TerraSAR-X(テラサーエックス)」を用いた湛水(たんすい)区域の推定があります。合成開口レーダー衛星は、地上に向け電波を発射し、その反射波を測定することで観測します。この観測手法は、天候による影響が少なく、昼夜を問わずに地表面を観測することができます。パスコはこうした合成開口レーダー衛星の特性を利用し、津波の到達域と湛水範囲の推定を行いました。

こうして収集・解析した情報を、国・県・自治体など関係各機関、お客様やメディアなどに情報を提供するとともに、パスコホームページ上でも随時公開しました。

※ 湛水:水がたまっている状態を指す

物流や人の移動など、道路は私たちの生活に欠かせないインフラ(社会基盤)の一つです。もしも道路が使えなかったら、物流は滞り、店舗からは商品が消え、身近な移動手段がなくなる。そう考えると、普段何気なく利用している道路が、いかに重要な社会基盤であるかは容易にご想像いただけると思います。このように、私たちの生活に重要な社会基盤である道路の整備・保全にも、パスコの空間情報技術が生かされています。

安全な道路を作るために

都市の主要な道路骨格として都市計画法に基づき決定される都市計画道路。交通量の増大や都市の発展を目的に、既存道路の幅を拡げたり、違うルートを通る道路などが計画されます。道路沿いの建築物が道路から不自然に後退している場所や、沿道のいくつかのビルの壁面が揃っている場所を見かけるのは、建物の前を通る道路が、都市計画道路として近い将来建設が予定されている場所であり、制限を受けたことによるものです。

パスコでは、東京23区全域の都市計画道路に関わる図面を作成しています。東京都ではこの情報をもとに、年間約8,000件の不動産や建設企業の問い合わせに対応しています。

世界にも広がる道路の健康診断

道路も人と同じように、年数が経つにつれ健康に支障を来すようになります。これを放置すると大病になり、完治までに多くの時間と費用が掛かってしまうところは、まさしく「人と同じ」。人が健康診断を受けるように、道路も定期的に破損状況を調査することが、その道路の健康を保ち、長く利用するために必要な検査です。

そこで活躍するのが、パスコが複数台所有している路面性状測定車です。この測定車には、さまざまなセンサーが設置されていて、法定速度で走行しながら舗装の状況を計測できます。この測定車を使うと、道路の破損状況を、数値化したデータとして「短時間で大量」に取得できます。パスコは日本をはじめ、ベトナム国でもこの測定車による路面性状調査を実施し、得られた情報の解析から、最適な補修計画を提案するなど、道路管理者の維持管理業務を支援しています。

※ 路面性状:路面の状態

破損した道路
破損した道路
路面性状測定車「Real」
路面性状測定車「Real」
ベトナムでの計測
ベトナムでの計測
ベトナムでの技術移転
ベトナムでの技術移転

日常生活の「衣・食・住」に対し、旅行の大切な要素を「移:観光地 or 移動手段」・「食:食事」・「住:宿泊場所」と例えることがあります。こうした「移・食・住」の情報を上手に収集できたら、楽しい旅行になると思いませんか?
実は観光分野でも、パスコの空間情報が生かされています。

観光や旅行の裏にもパスコの技術

隅田川近辺
隅田川近辺

旅先の情報を知りたいと思ったときに、飲食店や宿泊施設、季節のイベントや口コミなどの情報を得ることができるトラベルサイトはとても便利です。利用したことのある人も多いと思います。

たとえば東京スカイツリーを例にすると。東京スカイツリーそのものの情報や、周辺の隅田川左岸の墨東エリア、上野・浅草を含んだエリアを含めた情報など、人によって思い描く分類の仕方はさまざまです。

旅行客の多くは行政区域など意識せず、純粋に訪れる場所の「移・食・住」の情報を探しています。そこでパスコのシステムを導入いただいている旅行会社様では、旅行客の満足度を上げるために、歴史、文化、民俗などの関連性や利便性などを考慮した「観光エリア」をパスコのシステムを使って作成し、旅行客にも分かりやすいトラベルサイトとして情報を提供しています。

国内貨物輸送の約90%を占めるトラック運送(全日本トラック協会の資料より)。
拠点間の輸送や店舗等への配送、個人宅への宅配など、日本の物流を支えるトラック運送にも、パスコの空間情報技術が生かされています。

見える化で物流を支える

パスコが提供している物流関連システム
パスコが提供している物流関連システム
配送計画のシステムイメージ
配送計画のシステムイメージ

トラックを利用した物流業界では、ドライバー不足や高齢化、燃料費の問題などを受け、業務の効率化が大きな課題となっています。トラックによる輸配送は、使用車両の選定や車両ごとの配送先などを考える配車業務が非常に大きな役割を果たしていて、この配車業務の効率化が企業全体の効率化につながると言っても過言ではありません。

この配車業務を行う配車担当者の頭の中には、企業の資産ともいうべき「配車に必要な、届け先に関するさまざまな情報」が蓄積されています。そのため、配車担当者にかかる負担も相当なものなのです。

こうした配車担当者が持つノウハウをパスコが提供するシステム上に蓄積し活用することで、経験の浅い担当者でも配車業務が可能になるだけでなく、担当者の知識やノウハウの継承が可能になります。また、パスコのシステムを導入にすることで、配車業務にかかる時間の効率化が図れるとともに、積載率の向上や配送効率が高まり、輸配送コストの削減につながっています。

モバイル空間統計でわかること
モバイル空間統計でわかること

2012年の球界参入以降、着実に観客動員をアップする横浜DeNAベイスターズ様。経営刷新から観客動員数は年々増加し、2014年には3シーズンで42%増となる約156万人の動員を記録、2015年度もそれを上回るペースで推移していることは、ニュースや新聞などで大きく取り上げられました。こうした観客動員数の増加にもパスコは貢献しています。

ビッグデータで活性化

球場への来場者を分析するため、パスコが提供しているのは「モバイル空間統計」。ドコモ携帯電話のデータをもとにした最新の人口統計情報です。この統計情報は日本全国の1時間ごとの人口分布を24時間365日把握でき、性別・年齢・居住地など、属性ごとの人口構成を知ることができます。このデータを導入する以前は、ファンクラブの方へのアンケート調査や来場者への聞き取りなどの情報から分析することが多く、どうしてもコアな野球ファンが中心になり、情報が偏る傾向がありました。

「モバイル空間統計」を導入して大きく変わったのが、年代比率やどこから来場したのかがほぼ正確に分かるようになったこと。こうした情報をもとに、主要ターゲットや、その周りにいる女性層、ファミリー層に対して、イベントを実施した時の結果が数値化でき、イベントの成否を検証して次の企画を立案するという、PDCAサイクルを回せるようになりました。こうした積み重ねが今日の成功につながっています。

過密なダイヤを緻密に運行する、世界に誇る公共交通である日本の鉄道。その運営業務にもパスコの空間情報技術が生かされています。

地図を使う管理業務はパスコにお任せ

線路が敷設されている敷地は、基本的に鉄道会社が所有している土地です。当然、そこには管理業務が発生しており、固定資産税額の確認、鉄道用地等の増減の調査、境界確認などが行われています。これ以外にも多くの目的で大量の書類や図面を利用するため、資料の管理が煩雑になってしまいます。

そこで登場するのがパスコのGISです。

台帳や地図を円滑に管理するために導入されているGISですが、私たちパスコが得意とする自治体情報管理の技術は、鉄道事業でも利用されています。

鉄道用地(公図:地番図)や境界確認位置情報を電子化した地図として整備し、台帳と連携させてGISで管理しています。こうして整理された情報は、鉄道施設の管理、問い合わせ対応や集計業務、株主への情報公開にも利用されています。

GISを利用した情報の整理は、技術的に目新しいものではありませんが、鉄道事業の運営にも、パスコの技術が大きく貢献しています。

※ GIS:地理情報システム(Geographic Information System)