限りなく現実に近い
ワンランク上の商圏分析
企業成長のカギは
リアル商圏を掴むこと

商圏分析は、もっと「現実」に近づけられます

小売業・飲食業・サービス業・自動車メーカー・通信キャリアなど、自社が経営する店舗を保有する店舗ビジネスにおいて、商圏と言う考え方は必要不可欠です。

既存店舗や出店候補地にどのくらいの顧客が足を運んでくれるかを事前に分析・把握することは売上を確保し、伸ばすために重要な判断基準になります。

しかし、データ分析上の結果は、必ずしも現実社会と一致するわけではありません。商圏は、その店舗の業態、ターゲットとする顧客層、地域の人口動態、顧客の生活スタイル、移動手段や経済状況、競合店の存在など、さまざまな要因によって複雑に変化します。

では、いかに現実に限りなく近いリアル商圏を把握するためには、どうすればいいのでしょうか?

パスコの商圏分析ソリューション「MarketPlanner」は、これまでの円商圏や道路距離商圏や運転時間商圏にとどまらない、より現実に近いワンランク上の商圏分析を提供します。

MarketPlanner が実現する、3つのこと

背後に隠れた真実の商圏を掴みたい

生活者の行動パターンを考慮して、よりリアルな商圏を見つける後背地分析

後背地とは「店舗などの分析地点から自宅などの地域拠点に背を向けて広がる、集客力が見込める地域範囲」のことです。

人(生活者)が買い物をする際の行動パターンに「通勤・通学経路上にあり、自宅から一番近いところを利用する傾向がある」というものがあります。

これを考慮した商圏を作成することで、背後に隠れた真実の商圏を浮き彫りにし、「立地の良し悪し」を判断するのにもお役立ていただけます。(特許 第6861250号)

繁盛店の商圏に近い地域を知りたい

メッシュでデータを深掘りしたポテンシャルメッシュで一目瞭然

年齢別人口や昼間・夜間人口などの傾向はメッシュデータによってその地域の特性を可視化することができます。

パスコが提供する“ポテンシャルメッシュ”の考え方は、メッシュ単位の単なる数値集計を超え周辺メッシュの数値までを考慮したポテンシャルを可視化しています。

これにより、繁盛店と同じような特性を持つ地域を浮き彫りにします。

コロナ前後の人流変化を知りたい

携帯電話の位置情報を使った人流データによって、よりリアルな商圏分析

5年に一度の国勢調査データでは把握できない、コロナ後の人の流れを携帯電話の位置情報を用いた人流データを利用して、把握することができます。

自社の商圏分析に活用することで、コロナで引き起こされた社会様式変化による人々の行動変化を確認し、よりリアルな商圏の把握を可能にします。

1500社以上の企業様の業務をサポートしています!

MarketPlannerは、店舗を運営する多くの企業様に採用いただき、
現在では1500社の企業様に導入いただいております。

業務効率が50%向上
2倍の出店検討‼

ユーザー様の声
株式会社ニトリホールディングス様

店舗運営の株式会社ニトリを筆頭に、製造会社、物流会社、広告代理店など、グループ全体の経営判断を行っている、株式会社ニトリホールディングス様。

その中でも、ニトリグループの成長のためにとくに重要となる、店舗展開の決定のための新規出店場所に関する調査資料の作成に、MarketPlannerを活用いただいています。MarketPlannerの導入により、業務効率が50%向上、2倍の出店検討が可能になりました。


詳しくは下の「資料ダウンロード」をご覧ください

資料ダウンロード

製品パンフレット、導入事例パンフレットをご希望の方はこちら

お問い合わせ

営業担当者からの詳細説明やデモなどをご希望の方はこちら