お知らせ種別
お知らせ
掲載日
2009/12/18
タイトル
【技術情報】1件(LPS)、【FAQ】5件(基本操作、解析・処理)追加しました。
概要

技術情報に、コンテンツを追加しました。

- 技術資料の概要 -

・LPSを用いた処理フローのご紹介
   今回は、LPSの簡単な製品説明と、フレームカメラで撮影された写真を利用してのLPSを用いた処理手順を
  ご紹介いたします。
   LPS(Leica Photogrammetry Suite)は、テレインモデルやオルソフォトの生成、3Dフィーチャの抽出等を
  サポートするフォトグラメトリ・ソフトウェアです。イメージデータを信頼できる高精度のジオスペーシャル
  ・データに変換します。テレインの自動計算および編集、フィーチャ抽出、継ぎ目編集機能など便利な機能を
  提供し、また、高精度と生産性の向上を同時に実現します。多数のモジュールの中からご希望に応じてツール
  をお選びいただくアドオン方式のLPSは非常に経済的です。
   この機会に是非ご一読ください。FAQにも関連記事を掲載しましたので合わせてご確認ください。
 
FAQに、コンテンツを追加しました。

- 追加したコンテンツ -
 今回は、技術情報でご紹介したオプションモジュールLPSに関するコンテンツ2件と、Imagine コアモジュール
の基本操作、解析・処理に関するコンテンツを3件追加しました。

- FAQの概要 -
 追加したFAQのテーマは以下のものです。

 ①LPSに関して
   ・内部標定とは?
   ・外部標定とは?

 ②Viewerに関する基本操作に関して
   ・ラスタデータをグラデーションで表示したい。
   ・切り出した画像が白く表示される。
   ・画像上での計測結果をアノテーションとして保存したい。

関連リンク:

関連ファイル: