公共施設マネジメントシステム「PasCAL 公共施設マネジメント」

公共施設マネジメントシステム「PasCAL 公共施設マネジメント」は、公共施設マネジメントに必要なマネジメントサイクルを確実に回し、財政の健全化を支援します。

パスコの公共施設マネジメントシステムが選ばれる理由

公共施設マネジメントシステム「PasCAL 公共施設マネジメント」は、施設ごとに「コスト」「ストック」「サービス」の状況一覧が可能です。施設カルテを自動作成し、コスト分析や施設評価、ライフサイクルコストの算出、GIS(地理情報システム)などの機能を備えています。

安全・安心のセキュリティ対応

パスコが提供する「PasCAL for LGWAN」シリーズは、地方公共団体専用の回線である「総合行政ネットワーク(LGWAN)」を利用したクラウドサービスです。一般のインターネット回線から遮断された環境で安心して安全にクラウドサービスが利用できます。

公共施設マネジメントに必要な情報を一元管理

各施設の基本情報、契約情報、耐震性能情報、劣化診断情報などの公共施設マネジメントに必要な情報を一元管理し、LGWANに接続可能なパソコンであれば、全庁的にご利用いただけるシステムを提供します。
例えば、所管課で施設情報を共有することができるようになり、各所管課からコスト情報や診断情報等を入力すれば施設情報が更新できるようになり、業務の効率化・省力化効果も期待できます。

公共施設マネジメントに必要な情報を一元管理

施設毎のコスト分析

各施設の維持保全費、光熱水費、賃借料などを多彩なグラフ表現と施設のタイプ・地域・種別ごとの比較検討が可能です。

施設毎のコスト分析

施設カルテの自動作成

システムに統合された最新の施設情報をベースに、施設ごとのコスト分析や施設評価を行い、カルテ形式のビジュアルレポート「施設カルテ」を自動作成が行えます。施設カルテは、情報公開や施設の今後の維持管理方針の検討に役立てることが可能です。

施設カルテの自動作成

GIS(地理情報システム)機能を標準搭載

パスコの洗練されたGIS(地理情報システム)を標準機能として搭載。公共施設に加えて近隣自治体の施設、国・県・民間の施設を地図上に表示したり、都市計画用途地域や圏域人口などの地図情報と重ね合わせたりすることで、公共施設の機能別分布状況や代替え可能な施設の検討に役立てることが可能です。

GIS(地理情報システム)機能を標準搭載

ライフサイクルコストの試算、予算の平準化

施設ごとのライフサイクルコスト(生涯費用)の算出や、年次予算の平準化シミュレーション、修繕優先順位の設定など、多彩な機能を提供します。

ライフサイクルコストの試算、予算の平準化

固定資産台帳システムとの連携

資産台帳管理システム「PasCAL 資産台帳」で管理される建物データを、公共施設マネジメントシステム「PasCAL 公共施設マネジメント」で活用することが可能です。

固定資産台帳システムとの連携

公共施設マネジメントシステム「PasCAL 公共施設マネジメント」に関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ