2009年7月 山口県防府市豪雨災害に関する被災地撮影

活発な梅雨前線の影響で、中国地方では21日、局地的な豪雨に見舞われ、山口県防府市内で21日朝から豪雨となった。
下関地方気象台によると、防府市では21日午前9時20分までの1時間に、観測史上最大の70.5ミリの降雨を記録し、土砂崩れや土石流が相次いで発生し、山口県のまとめでは、7月22日14時現在、全壊は1市町で1棟、半壊は1市町で1棟、一部損壊は3市町で10棟、床上浸水は9市町で88棟、床下浸水は14市町で480棟にのぼった。

斜め写真

  • 撮影写真
    山口県 防府市 勝坂地区 付近
  • 撮影写真
    山口県 防府市 勝坂地区 付近
  • 撮影写真
    山口県 防府市 勝坂地区 付近

  • 撮影写真
    山口県 防府市 石原地区 付近
  • 撮影写真
    山口県 防府市 石原地区 付近
  • 撮影写真
    山口県 防府市 石原地区 付近

  • 撮影写真
    山口県 防府市 真尾地区 付近
  • 撮影写真
    山口県 防府市 真尾地区 付近

Page top

災害判読図

災害が発生した山口県防府市周辺の山地は主に花崗岩と呼ばれる岩石で構成されている。
花崗岩は一般に風化(マサ化)の進行が早く、また地下深くまで風化(深層風化)する傾向が強い。
今回の災害は深層までマサ化した地盤に雨水が浸透して発生した大小の斜面崩壊に起因した土石流や土砂流によるものと考えられる。

緊急撮影標定図

「この災害状況図は7月22日午前9時頃に撮影した航空写真を使用し、被害の大きな地域について図示したものです。したがって、全ての被害状況を網羅しているものではありません。」

Page top

情報掲載履歴

情報掲載 2009年7月23日(木)

災害発生に伴い被災状況の把握および関係各団体への情報提供の観点から、2次災害を回避できる天候を待って直ちに株式会社パスコと国際航業株式会社は共同で航空写真撮影を実施いたしました。


被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
弊社では災害状況の的確な把握と被災地の復旧に、空間情報の処理および解析技術と防災コンサルティング技術がお役に立てるよう、より一層努力してまいります。


<撮影 株式会社パスコ・国際航業株式会社>
※ ここに掲載している写真その他の無断、転用・複写を禁じます。

【 著作権について 】

災害緊急撮影ページ(以下、当ページ)に記載されている文書の著作権は、株式会社パスコ(以下、弊社)に帰属します。
また当ページで使用している航空写真の著作権は、弊社および国際航業株式会社に帰属します。
当ページに記載されている情報(文書及び画像)を転用・複写する場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【 免責事項について 】

当ページの制作にあたっては、正確な情報の記載に努めておりますが、弊社は、当ページに記載された情報の完全性・正確性について保証するものではありません。
弊社は、当ページに含まれる情報もしくは内容を利用することで利用者に直接・間接的に生じた損害について責任を負うものではありません。
当ページに掲載されている情報が明らかに事実と異なる場合は、訂正いたしますので、お手数ですが下記の問合せ先までご連絡ください。

【 お問合せ先 】

株式会社パスコ カスタマーセンター
e-mail:biz-info@pasco.co.jp
フリーダイヤル 0120-494-800

【 報道関係のお問合せ先 】

株式会社パスコ 広報部
e-mail:webmaster@pasco.co.jp
TEL:03-6412-2800

Page top