道路管理システム「PasCAL 道路」

道路管理システム「PasCAL 道路」は、パスコが長年培った道路の台帳管理やマネジメント技術を融合したGIS自治体クラウドサービスです。道路の管理、維持に関わる各業務の効率化、職員の負担軽減を実現します。

クラウドサービスで道路管理のさまざまな業務を総合的に支援

道路管理システム「PasCAL道路」は、基準点・境界点情報、道路台帳情報、敷地情報、境界確定情報、道路施設情報をクラウドサービスで一元管理するクラウドサービスです。「PasCAL道路」は、道路認定などの議会資料や告示資料の作成を簡便化し、各種調書(総務省・国土交通省様式)の出力や、地域住民や土地家屋調査士・測量業者からの問い合わせに対し迅速な情報提供を可能とし、道路管理のさまざまな行政事務の効率向上に寄与します。

クラウドサービスで道路管理のさまざまな業務を総合的に支援

パスコの道路管理システムが選ばれる理由

会議資料や告示資料が簡単に作成できる

路線網図をもとに道路の管理情報を容易に検索・集計が行え、会議資料や告示資料の作成を強力に支援します。

  • 地図上で対象施設周辺の情報を簡単に把握できます
  • 道路台帳における区間情報を地図上の図形と一対で管理し、幅員情報など区間情報を容易に把握できます
  • 工事箇所の検索や集計など、日々の資料作成を強力に支援します
  • 告示調書や路線の履歴が簡単に確認できます
会議資料や告示資料が簡単に作成できる

膨大な境界確定情報を一元管理

基準点情報や官民の境界画定情報、敷地情報など膨大な管理資料を一元的に管理するとともに、官民敷地境界の確定作業の進捗の把握が行えます。

  • 境界査定の進捗の見える化を実現します
  • 境界確定手続きに関わる受付から確定までの各種手続き資料の管理が行えます
  • 地図や住所から関連する情報を一括で抽出し、資料探しの時間を短縮します
膨大な境界確定情報を一元管理

点検結果を見える化

道路附属物や管理施設を対象に行われる点検結果を履歴管理し、効率的な道路施設管理を実現します。

  • 各種構造物、道路附属物について定期点検要領に準じて項目を管理します
  • 毎年蓄積される定期点検や緊急点検の結果を色分け表示し見える化を実現します
  • 点検履歴、修繕履歴を用いて、アセットマネジメントを支援します
点検結果を見える化

安全・安心のセキュリティ対応

パスコが提供する「PasCAL」シリーズは、地方公共団体専用の回線である「総合行政ネットワーク(LGWAN)」を利用したクラウドサービスです。一般のインターネット回線から遮断された環境で安心して安全にクラウドサービスが利用できます。

道路管理システム「PasCAL 道路」に関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ