採用情報

パスコの採用情報サイトへようこそ

今や空間情報は従来の地図の概念を超えて“普遍的なプラットフォーム”へと進化しています。

パスコでは、専門分野も経験もまったく異なる従業員たちが、自らの強みを発揮しながら、さまざまな専門知識とアイディアを融合し、空間情報の収集技術と加工・処理・解析技術で、社会の課題解決に取り組んでいます。

パスコについて

数字で見る事業活動

65

測量技術者が起業してから65年。
常に空間情報の収集力を高め、行政ニーズに空間情報技術で応えてきました。1999年のセコムグループ入りを契機に、民間向け事業を拡大。
近年では、人工衛星、航空機、計測車両、船舶を活用した複合技術で、次世代の社会システム基盤の構築に努めています。

1,200

約1,800からなる地方自治体のうち、これまで約1,200自治体の行政業務を支援してきました。その内容は、道路・上下水道の維持管理、都市計画・防災計画、森林管理や災害対策など多岐に渡ります。
近年では、オープンデータの活用推進や“経営”の視点に立った地方財政の健全化や地方創生を支援しています。

2,980

物流の効率化、商圏分析などのエリアマーケティング、企業の自然災害対策などを中心とした空間情報サービスを提供しています。
地図情報や位置情報、各種統計情報やビッグデータなどを統合した空間情報サービスは、小売・サービス業、不動産、自動車、通信、金融、製造など2,900社以上の企業で活用いただいています。

117

パスコグループでは、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、アフリカを中心に、これまで117ヶ国で空間情報事業を展開してきました。
1964年のサウジアラビアとクウェートの国境確定測量業務に始まった海外事業は、各国の国土空間データ基盤整備や森林保全・災害対策、道路の維持管理などに拡大しています。

社会に貢献する事業:
空間情報技術は社会のあらゆるところで生きています!

私たちが生活する社会は、刻一刻と変化しています。
その様子を「はかる」技術、いわゆる空間情報技術で捉え、現状把握や計画・管理・予測などに活用し、社会の解題を解決しています。
普段あまり目にすることのないパスコの技術ですが、私たちの身近なところで活用されています。

常に最先端を追求する!パスコの空間情報技術

地球や社会の今を捉え、その成果を蓄えることで経年変化を抽出することができます。
これらの情報は、未来を予測し対策を立案する上で欠かせない情報です。

1953年に創業以来、常に最先端の測量・計測技術を追求し、収集から、加工・処理・解析を加えて、社会の課題解決に向けたサービスの提供に努めています。

2000年 航空写真測量の完全デジタル化に向けた研究開発
2005年 合成開口レーダー(SAR)衛星の商業利用に向け、運用会社と契約を締結
2009年 MMS(Mobile Mapping System)を公共測量分野で実用化
2015年 ドローンを活用した工事現場の3次元モデル生成実証実験
2015年 国内民間企業初、ALB(航空レーザー測深機)を導入
2019年 国内初のドローン搭載型グリーンレーザースキャナ(レーザー測深機)の研究開発に参画し成功

先進技術の集まる学会での発表

2018年度の論文発表実績

パスコでは、事業活動のほかに、新たなソリューションを生み出すための技術開発や実用化研究に取り組んでいます。
その実績や成果、検証結果を積極的に論文発表し、業界をリードしています。

2018年度の 論文発表 54件 以上 (2018年11月末時点)

一般社団法人日本リモートセンシング学会

Removing cloud noise from MODIS NDVI using time-series data
(優秀論文発表賞 受賞)

本論文は時系列データを有効に利用するための解析手法の検討結果をまとめたものです。発表では、MODIS (Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer)の時系列データを有効活用する方法を紹介しました。MODISは無償で毎日の観測が可能なため、農作物など日々変化する対象をモニタリングすることに適しています。しかし、MODISは光学センサのため、雲の影響を受けてしまい地表面の観測が行えない場合があります。そこで、本研究では、MODISの時系列データを用いた雲の影響を取り除くための方法(動的時間伸縮法:DTW)を提案しました。提案した手法では、雲の影響を除去できることが確認できました。

ISPRS Technical Comission II Symposium-2018

Faster R-CNN based Vehicle Detection from MMS Imagery for Generation of Road Orthophotos

近年、MMSより取得される画像やレーザー点群を用いて、高精度・高精細な路面オルソ画像を自動的に生成する研究が盛んに行われています。しかし、MMS画像には車両や自転車、歩行者など路面以外の遮蔽物が存在しており、これらを事前にマスク処理する必要があります。一方、現状では手動に基づくマスク処理が主流であり、また既存の自動マスク手法に関してもその検出精度は実用上十分であるとは言い難いです。そこで、本研究では深層学習を用いてMMS画像から路面以外の遮蔽物を高精度に自動検出することを目的とします。具体的には、深層学習の一種であるFaster R-CNN(Regions with Convolutional Neural Network)を用いて、検出対象地物に特化したネットワークを構築することで、より高精度な検出を実現しています。


代表的な国内加盟学会

一般社団法人 日本リモートセンシング学会 一般社団法人 日本写真測量学会
一般社団法人 地理情報システム学会 公益社団法人 砂防学会
公益社団法人 土木学会 一般社団法人 建設コンサルタンツ協会
一般財団法人 衛星測位利用推進センター 公益社団法人 日本測量協会
公益財団法人 日本測量調査技術協会  

社会が認める技術力

2018年度の表彰実績(一部)

ASPICアワード2018
ASP・SaaS 部門 データ活用系分野
グランプリ受賞(2018年11月6日)
国土交通省近畿地方整備局 局長表彰
熊野川流域(奈良県西部)
航空レーザ測量業務(2018年7月23日)
国土交通省中部地方整備局 局長表彰
H29 釜無川流域砂防施設計画検討業務
(2018年7月19日)

会社概要

創業年月日 1953年10月27日(設立1949年7月15日)
資本金 87億5,848万円(2019年3月31日現在)
代表取締役社長 島村 秀樹
本社 東京
株式上場 東京証券取引所 市場第一部
連結売上高 519億円(2019年3月期)
グループ従業員 2,693人(2019年3月31日現在)

経営ビジョン

地球をはかり、未来を創る
~人と自然の共生にむけて~

「はかる」という言葉はいろいろな意味を持っています。農地の面積など物理的な量を「測る」、道路など公共物の寿命を「計る」、災害の被害状況を「測る」、人の気持ちを推し「量る」など様々です。人類は原始の時代より社会を様々な視点からはかり、その成果を使って社会を発展させてきました。そして私たちは今、地球上に存在するあらゆるものをはかり、蓄積することで、「未来を図る」すなわち「未来を予測する」ことも可能になると考えています。パスコは、測量・計測技術によって空から地球上を捉えることだけに留まらず、あらゆる「はかる」を空間情報に融合させ、人と自然が共生した未来社会の構築を目指しています。

取得認証

認証 取得年
ISO 9001(品質マネジメントシステム) 1999年(全社)
ISO 14001 (環境マネジメントシステム) 2003年(全社)
ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム) 2002年(全社)
ISO/IEC 27017 (ISMSクラウドセキュリティ) 2017年(DR-Info、PasCAL、わが街ガイド、施設予約システム、LogiSTAR 配車管理簿、動態管理システム)
ISO/IEC 20000(ITサービスマネジメントシステム) 2017年(東山ビル、目黒ビル新別館、マルイト難波ビル、データセンターの各一部)
ISO 55001(アセットマネジメントシステム) 2016年(認証範囲はhttps://www.jtccm.or.jp/をご確認ください)
プライバシーマーク 2005年
くるみん(次世代育成支援認定マーク) 2007、2012、2017年
えるぼし(女性活躍推進法に基づく認定) 2016年(2段階目)
レジリエンス認証(国土強靱化貢献団体認証) 2016年
充実した

人材育成・福利厚生制度

パスコには、社員が成長できる環境、
安心して働き続けることができる環境があります。
その一部をご紹介します。

人材育成制度

学びつづけるためのヒトづくり

パスコでは「企業戦略の遂行能力を高める人材の育成」と「現場職務の対応能力を高める人材の育成」に取り組んでいます。本社主体で実施する教育と事業部(現場)が主体となって実施する教育を提示し、階層別・課題別・社外研修・OJTなどを体系的に実施しています。次世代を担う人材を育成する「PASCO大学」は入学型と公開型があり、公開型は著名な学識経験者を講師としてお招きし、テレビ会議システムを通じて気軽に受講することができます。また、自己研鑽として各種通信教育の助成、公的資格の取得支援も行っています。

PASCO大学
(全国から若手社員が集結し、課題と未来への施策を共有)

入学型のPASCO大学ではカリキュラムの改善などを通じて、将来を担う社員の育成に努めています。昨年は「若手育成塾」として、第1回を6月、第2回を11月に開催しました。全国から集まった58名の若手社員が、技術・営業・管理の垣根を越えて自らの課題と未来への施策を共有し、「パスコの成長を担うのは私たちだ」と、熱のこもった議論を展開しました。

福利厚生制度

ワークライフバランスの向上
安心して働ける職場を目指して

パスコには社会人生活を充実させ、働きやすい職場環境をサポートする制度や福利厚生が多数あります。住宅支援や保養施設利用などの各種制度で社会人生活をサポートしています。また、次世代育児支援認定マーク「くるみん」や女性活躍推進法に基づく優良企業「えるぼし」認定を取得。さらに社員のワークライフバランスの向上を目指して、在宅勤務制度や休暇・休業制度を拡充して、働き方改革にも取り組んでいます。

働きやすい職場を目指すワーキング
多様化する働き方への取り組み

子育て世代を中心に14名のメンバーで2016年8月に発足した「働きやすい職場を目指すワーキング」は、2017年6月に会社への提言をまとめ、働く社員が実感できる各種制度の見直しなどに取り組んできました。その結果、“育児休業を2歳まで、柔軟に取得可能な制度改正”、“育児制度の小学校3年生までの適用拡大”などを実現したほか、育児・介護制度の周知、残業削減、在宅勤務の適用拡大など、働きやすい職場を目指し活動を継続しています。

安心して働きやすい職場を支える各種制度

休暇・休業制度

年次有給休暇(失効年休積立、計画年休)、夏季休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、産前産後休業、育児休業、介護休業

各種制度

健康保険、在宅勤務制度、退職金・企業年金、年金基金、財形貯蓄、社員持株会、住宅資金融資、労災法定外補償、健康相談など

厚生施設

独身寮・借上社宅、直営保養所、福利厚生サービス(提携施設利用など)

その他

クラブ活動、部署ごとのレクリエーションなど

VOICE

仕事と子育ての
両立の中で得る充実感

昨年2人目の育児休暇から復帰し、現在は自治体向けシステムの営業支援業務を担当しています。
仕事と子育てが両立できるのは、上司や同僚のサポートのおかげです。
時短勤務の中でも、より効率的で質の高い仕事ができるよう、日々模索しています。

クラブ活動

全国に拠点を持つパスコでは、各地にさまざまなクラブがあり、スポーツやイベントなどを通じて、社員同士の交流が盛んに行われています。経験者・未経験を問わず、誰でも自由に参加することができ、部署・部門・年齢・性別の枠を越えて繋がりを持つことができます。

部活動紹介

パスコハーレー部 パスコ野球部 パスコテニス部 グラウンドワーク・パスコ パスコ サッカー部 パスコ 野球部(関西) パスコ ゴルフクラブ関東 パスコゴルフクラブ関西 パスコ ランニングクラブ(PRC) プログラミングもくもく部
パスコハーレー部 パスコ野球部 パスコテニス部 グラウンドワーク・パスコ パスコサッカー部 パスコ野球(関西) パスコゴルフクラブ関東 パスコゴルフクラブ関西 パスコランニングクラブ プログラミングもくもく部

あなたの学びが
ミライを変える
2020年新卒採用

現代において、一つの技術や学問で社会の課題を解決することは不可能です。空間情報技術を用いて、さまざまな研究・技術・学問を融合して、ともに社会の課題解決に挑戦しましょう。

メッセージ:パスコにエントリー頂く皆様へ

ミライは皆さんと、仲間の知識・技術で変える

パスコは、「空間情報事業を通じて、安心で豊かな社会システムの構築に貢献する」を経営理念に掲げています。
人工衛星、航空機、計測車両、船舶といった様々な機器を駆使して地球をはかり、AIをはじめとする最先端の技術を活用した解析、加工を通じて、人と自然が共生した未来社会の構築に貢献できる空間情報を創造していきます。
パスコで働くことを志している皆様にはぜひ、企業内大学や各種研修、資格取得支援制度を活用して自らを成長させ、旺盛な好奇心で能動的にご自身、そして会社のミライを切り開いていただきたいと願っています。

取締役 人事・知財担当 神山 潔

学問と事業:さまざまな研究・技術・学問で、社会の課題を解決!

現代において、一つの技術や学問で社会の課題を解決することは不可能です。
空間情報技術を用いて、さまざまな研究・技術・学問を融合して、ともに社会の課題解決に挑戦しましょう。

インフラ管理 防災・減災 地域分析 まちづくり 行政支援 環境保全 生産性向上 土地・家屋管理

働く仲間

先輩社員からひとこと

さまざまな分野のプロフェッショナルがパスコで働いています。先輩社員たちは、なぜパスコに入社を決め、どのように働いているのか?
8人の先輩社員からメッセージを皆様にお届けします。

先輩社員の一日

私の一日(技術職)

技術
理学研究科 生物地球系専攻 卒業
2017年入社

入社の動機は?

地図が好きで、地図に係われる仕事に就きたかった。

所属している部署の仕事は?

私が所属している部署では、道路・公園といったインフラに係わる業務を行っています。
例えば、道路で言うと「舗装の維持管理計画」「補修設計(道路・法面など)」「法面、付属物の維持管理計画」「舗装分野の海外技術支援」など、公園では「点検と長寿命化計画」などを扱っています。

あなたの仕事は?

私の担当は、公園の「長寿命化計画」や道路の「法面・擁壁の補修設計」「舗装の維持管理計画」などに携わっています。

仕事のやりがいは?

私の担当する業務は、人の役に立つ業務ということが一番のやりがいです。また、業務の成果、自分の仕事が形として残ることも、嬉しいことですね。

※ 現地調査や打ち合わせの前日、納品が重なる年度末は残業もあります
※ 客先打合せの日は、終日外出のときもあります (特に首都圏外の場合)
※ 現地調査で1週間近く会社不在のときもあります

ある一日
  • 9:00出社
    お客様対応(電話・メール)
  • 9:30地質調査成果のチェック
    お客様対応(メール)
  • 10:30現地調査の取りまとめ
  • 12:00昼休み
  • 13:00協力会社との打合せ
    議事録作成
  • 14:30見積作成
  • 15:00設計図の確認
  • 16:00報告書の作成
  • 18:00翌週の打合せ資料作成
  • 20:00退社

私の一日(営業職)

営業
農学部景観生態学専攻 卒業
2018年入社

入社の動機は?

大学で学んだ専門知識を生かせる仕事に就きたかった。

所属している部署の仕事は?

私が所属している部署では、東京都内の自治体への営業活動です。

あなたの仕事は?

私は営業として、23区の内、4つの区役所と多摩地区の3つの市を担当しています。
営業ですから、お客様の課題や業務のヒアリングから提案、見積作成、社内外の打合せが主な業務です。

仕事のやりがいは?

営業に出向いた先で、商材に興味を持っていただいた時や、新たな顧客を獲得した際にやりがいを感じます。特に、直接お客様と接するので、相手の反応がダイレクトに繋がる。業務完了後にお客様に感謝されると、嬉しさも跳ね上がります。

ある一日
  • 8:15出社
    経費精算などの事務処理
  • 9:00朝ミーティング
  • 9:30お客様対応(メール)
    見積作成など
    営業に必要な情報・知識を収集
    午後の打合せ資料確認
  • 12:00昼休み
  • 13:00仕様書の修正
  • 14:00客先打合せに向け外出
  • 15:00客先にて打合せ
  • 17:00移動中に打合せ内容の整理
    帰社
    打合せ議事録作成
  • 18:00業務日報作成と明日の準備
  • 19:30退社

帰宅後は、夕飯の支度やテレビをみたり好きなことに時間を使っています

私の一日(技術職)

技術
地域環境科学部 造園科学科 卒業
2017年入社

入社の動機は?

大学で学んだ測量、都市計画、環境関係など、全部生かせる仕事に就きたかった。

所属している部署の仕事は?

私が所属している部署は、主に上下水道に関する台帳整備や法適化などの業務を行っています。

あなたの仕事は?

私の今の業務は、「下水道事業地方公営企業会計移行支援業務」というもので、下水道事業に関わるお金(資産)を調査し、今後の下水道事業の進め方について支援をするコンサルタント業務です。

仕事のやりがいは?

大学で学んだこととは異なりますが、下水道や会計という新しい知識を身に着けられるという面白さがあります。また、チームとして課題に取り組んでいくので、一体感を感じられる仕事という点です。少しずつですが、任せてもらえる仕事が増えていくことも、やりがいの一つです。

ある一日
  • 9:00出社
    一日の業務内容の確認(メール、電話の確認)
  • 10:00データ入力
    ・工事台帳の確認
    ・資産データの入力
    ・システムデータ更新
    など
  • 12:00昼休み
  • 13:00図面調整
    ・資産データの入力・修正
    ・数量集計
    ・年度色分け図作成
    など
    作業状況確認
  • 15:00打合せ資料の作成
  • 16:00入力データのエラーチェック
    図面印刷と確認作業
  • 18:30退社

帰宅後は趣味の時間を多くとって翌日の英気を養っています。

よくある質問
FAQ

入社後の異動や転勤について

ジョブローテーションや転勤の頻度はどのくらいですか?

ある程度経験を積んだ段階で、配属替えや転勤の可能性があります。

入社後に職種変更や勤務地を変更することはできますか?

自己申告制度を設けているので、これを活用して変更希望を出すことができます。

配属(勤務地)や職種について

採用する職種の割合を教えてください。

技術職:6、営業職:3、本社管理系:1の職種割合を予定しています。

配属にあたり、専攻学問や勤務地希望は考慮されますか?

皆さんの希望と、履修・専攻分野などを考慮しつつ配属先を決定しています。

専門知識がなくても選考を受けることは可能ですか?
(文系の技術職選考は可能ですか?理系の営業職選考は可能ですか?)

基本的に専門知識の有無や履修・専攻分野は問いません。

海外勤務について

海外の事業に携わっている社員はどのような方ですか?

語学力(TOEIC700点以上が目安)があり、ある程度、業務経験を積んだ社員が海外の事業に携わっています。

技術職について

現場作業はありますか?

社内業務だけではなく、打合せや現地調査など社外での仕事はあります。平均すると業務時間の1~2割は社外業務です。

分野をまたいだ仕事はありますか?

大規模なプロジェクトなどでは、分野を横断した業務があります。(災害の復興業務や、区画整理のプロジェクトなど)

忙しい時期はいつごろですか?

官公庁がお客様の業務では、年度末納期に向けた1~3月が繁忙期となります。お客様が企業の場合には、時期的な区切りはありません。

作業の進め方を教えてください。

主任技術者が工程表を作成し、各員は工程に従って業務を行います。

営業職について

官公庁営業のイメージがわかりません。

受注活動(入札や企画提案での発注先選定)と並行して、次年度以降の予算化に向けた提案活動を行います。

民間営業のアプローチ方法を教えてください。

お客様からの問い合わせ対応や、展示会やセミナー開催後のフォローから商談につなげています。

営業担当の範囲はどのようになっていますか?

官公庁営業では地域で担当を決めることが多く、民間営業では地域の他に業種や商材によって担当を決めています。

営業での移動手段は?

社有車か公共交通機関を利用します。

管理系の仕事

管理系の仕事って何ですか?

総務や人事をはじめ、経理、法務、広報など、事業や社員をサポートする仕事です。

事業展開について

今後注力していく事業を教えてください。

空間情報の可視化・分析・流通を中心とした新たな事業とAI・IoT・ロボティクスなどの技術の応用に注力していきます。

人材育成(研修・資格)

新人研修の内容を教えてください。

入社後の約1か月、東京での集合研修を予定しています。その後は、配属先で先輩社員の指導をうけながら、経験を積みます。

入社までに資格は必要ですか?

入社までに資格は無くても大丈夫です。入社後でも充実した資格取得支援制度で皆さんの成長(資格取得)を支援しています。

社風や職場の雰囲気

職場の雰囲気を教えてください。

ボトムアップでの企画提案や技術開発も可能で、上司・部下という関係以外に、同じ問題・課題に取り組む仲間という雰囲気があります。

働き方改革

労働時間を減らす取り組みを教えてください。

毎週水曜、定時退社日を設定しています。また人事が協定で決めた残業上限のチェックをしています。

 新卒採用 
募集要項

会社説明会

現在、会社説明会の予定はありません。
今後の選考方法については、エントリーされた方にご案内いたします。

過去の会社説明会

3月16日(土)終了 本社(AM/PM)および関西事業部(AM/PM)
3月21日(木)終了 本社(AM/PM)
3月22日(金)終了 東北事業部(PM)/中部事業部(PM)/九州事業部(PM)
3月23日(土)終了 関西事業部(PM)
3月30日(土)終了 本社(AM/PM)
4月 6日(土)終了 本社(AM/PM)
4月13日(土)終了 本社(AM)
4月20日(土)終了 関西事業部(PM)
5月11日(土)終了 本社(AM)
5月18日(土)終了 本社(AM)

募集要項

採用実績 2017年度 29名
2018年度 38名
2019年度 33名
募集職種 【技術】
  • 空間情報(測量・計測、GISデータ構築、固定資産、文化財 等)
  • 建設コンサルタント(道路、河川、砂防、上下水道、都市計画、環境 等)
  • 情報システム(製品開発、クラウド運用保守 システムコンサル 等)
  • 衛星分野(リモートセンシング、画像解析、衛星運用 等)
【営業】
  • 官公庁営業
  • 民間営業
【管理】
  • 管理(総務、人事、経理、法務、広報など)
※ 技術・営業・管理に大別して選考いたします。
資格 2020年3月卒業(修了)見込みの者
卒業後3年以内既卒者
給与 総合職 専卒初任給  213,500円
総合職 大卒初任給  236,000円
総合職 修士初任給  249,500円
総合職 博士初任給  279,000円
※ 東京地区独立生計者の住宅手当を含んだ金額です。
※ 地域総合職を希望する場合は、説明会や選考時に詳細をご確認ください。
待遇 給与年1回改定、賞与年2回 ※会社業績により期末賞与あり
各種手当(住宅、通勤、時間外等)、各種社会保険
勤務時間 所定勤務時間 9:00~17:30(休憩65分)
育児対象者、介護対象者の短時間勤務あり
勤務地 主要6箇所(東京、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)
他 全都道府県
海外グループ会社 フィリピン、タイ、中国、インドネシア、ベルギー、アメリカ
休日・休暇 認証取得マーク[えるぼしマーク]認証取得マーク[育児支援次世代「くるみん」]
年間休日 123日(2018年度実績)
完全週休2日制、年末年始、創立記念日、夏季休暇、年次有給休暇(失効年休積立、計画年休)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、育児休業、介護休業

選考方法

採用の流れ

パスコホームページを確認

マイナビ2020よりエントリー

会社説明会(東京、大阪など)

書類選考

一次面接(東京、大阪)

二次面接(東京)

最終面接(東京)

内定

※全ての段階での選考結果は、必ずお知らせします。
※1次試験合格者に適性検査、2次面接当日に小論文、筆記試験を行います。
※状況により、選考方法が変わる場合があります。
連絡先

株式会社パスコ
人事部 新卒採用担当

〒153-0043 東京都目黒区東山1-1-2東山ビル
フリーダイヤル:0120-213-342
TEL: 03-5722-7602(直通)
FAX: 03-5722-7601
E-mail:

新卒採用のエントリーは マイナビから マイナビ2020