新卒採用TOP © PASCO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

BUSINESS事業紹介

パスコについて

About PASCO

空間情報業界

“空間情報”ってなに?

地形や構造物などの3次元座標データや形状寸法、物質の特性などの情報は、リモートセンシング技術(遠隔の視点)で収集することができます。さらに、人口統計や商業統計の情報に加え、気象データや交通・人流データなどの動的情報を付加することで、現実社会をリアルに仮想空間に再現することができます。このデータこそが「空間情報」です。近年では特に、仮想空間上に構築された空間情報を使って様々なシミュレーションを行い、実際のまちづくりなどにフィードバックするデジタルツインの実現が注目されています。

パスコの技術

パスコは、「遠隔の視点(Remote Sensing)」と「近接の視点(Onsite Sensing)」から地球上のあらゆる事象を捉え、さらに、AI(人工知能)やIoT、GIS(地理情報システム)、画像処理などを活用した「分析・解析技術」を加えた3つの要素を融合することで、事業を展開しています。現実の世界をコンピューター上に再現する技術と、解析・評価・分析する技術によって、過去から現在、そして未来を予測して、国土や環境の管理・保全、インフラの維持管理、災害その他のリスク管理や対策など、社会課題の解決に向けた空間情報サービスを提供しています。

Remote Sensing

人工衛星・航空機・ドローン・計測車両・船舶などの多彩なプラットホームに最先端の光・レーザー・マイクロ波・熱・音波などのセンサーを搭載して地上の様子を捉えています。

Onsite Sensing

災害、環境、森林、道路、上下水道、都市、ダム、河川、港湾、橋梁など社会のあらゆる課題の現場に身を置き、現場の実態を見て、聞いて、触ることによって社会の現状を捉えています。

Analysis Technology

AIやIoT、GIS、画像処理などを空間情報の分析・解析技術を活用してソリューションの創出に努めています。

サスティナビリティ

パスコグループは、企業活動の持続可能性(サステナビリティ)を維持・発展させるために、企業の社会的責任(CSR)を包含したESG(Environment/Social/Governance)に配慮した経営のもと、空間情報事業を通して国際的なSDGs(持続可能な開発目標)の幅広い目標の達成を目指しています。

パスコの経営理念では、①空間情報事業を通じて、安心で豊かな社会システムの構築に貢献する ②社会的に公正であることを判断基準として、法令遵守、社会倫理を尊重し、常に正しさを追求する ③お客様の信頼を誇りに、最高レベルの空間情報を提供する と定めています。そして、経営ビジョンでは「地球をはかり、未来を創る ~人と自然の共生にむけて~」を掲げ、まさに、空間情報事業を通じて、自然環境や社会と共存し、持続可能な社会の一員として企業活動を持続的に発展させていくことを目指しています。

セコムグループが「SBT」認定を取得し、「RE100」に加盟
― 2045年までに再生可能エネルギー100%利用を実現-

事業領域

Business Area
国土強靱化
防災×減災

気候変動に伴う気象災害の激甚化や地震・火山の噴火など、災害に対する国土の潜在的リスクへの対応は自然災害が多い日本の課題です。パスコは、国民の生活と財産を守り、経済活動を停滞させないために空間情報技術を駆使し防災・減災と緊急時の対応を支援しています。

河川
ハザードマップ
災害リスク情報
砂防
被災時の状況把握
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
国土
保全×管理

パスコは、空間情報技術で地方公共団体の業務を支援し、その先にある私たちの生活を支えています。皆さんが普段目にしているまちの風景には、パスコの技術とノウハウがいたるところに生かされています。

デジタルガバメント・住民サービス
固定資産
文化財
まちづくり・土地区画整理
  • 飢餓をゼロに
  • 住み続けられるまちづくりを
インフラ
維持×管理

道路・トンネル・橋梁・港湾・上下水道など公共インフラの急速な老朽化への対応が求められています。パスコは、多角的な調査・評価とデータの蓄積に基づく、中長期的な維持管理の戦略的な取り組みを支援しています。

道路
上下水道
トンネル
港湾・海岸
橋梁
  • すべての人に健康と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 住み続けられるまちづくりを
環境
保全×対策

国土の保全や人々の営みに大切な環境保全。パスコは、自然と共生する未来に向け、空間情報の技術を生かしたコンサルティングで企業経営や行政業務を支援しています。

環境アセスメント
水と空気
海洋調査
森林保全と活用
  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
分析・効率化
ICT×GIS

労働人口の減少や高齢化に伴い、企業ではICTを活用した生産性向上に取り組んでいます。パスコは、空間情報技術とICTを融合し、企業の業務効率化を支援しています。

物流
i-Construction
市場分析
営業支援・顧客管理
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 気候変動に具体的な対策を
日本の技術を世界へ
技術×支援

気候変動に伴う自然災害の激甚化や地震・火山活動などへの対策は日本に留まらず、世界各国の喫緊の課題です。パスコは、世界中の人々の生活と財産を守り、各国経済の発展のために、日本で培った空間情報技術で支援しています。

国土空間データ基盤
道路アセットマネジメント
環境保全
災害対策
  • 産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 気候変動に具体的な対策を

数字で見るパスコ

See in numbers
1953
1953年は
パスコの創業年です
2023年で
70周年となります
620
620億円は
パスコの連結売上高です
(2023年3月期)
2848
2848人は
パスコグループの
社員数です
(2023年9月末時点)
87.0
87.0%は
国内公共部門の
売上比率です
*国内民間部門(9.0%)
 海外部門(4.0%)
683
683人は
測量士の
有資格者数です
(2021年11月時点)
245
245人は
技術士の
有資格者数です
(2021年11月時点)
25
25種は
パスコが取り扱える
地球観測衛星の
種類です
(2023年3月時点)
100
100%は
リモートワーク環境の
提供率です
47.9
47.9%は
男性社員の
育休取得率です
(2023年4月時点)

ENTRY

エントリーはこちら
ENTRY