トップメッセージ

代表取締役社長 島村 秀樹

パスコは、航空測量会社として1953年の創業以来、技術力の向上と最新技術の導入・実用化に努め、常に未来を見据えた技術改革に取り組んでまいりました。
2年後に創業70年を迎える今、人工衛星や航空機などを使って離れた位置から地球上のあらゆる事象を計測する「遠隔の視点」、社会課題の現場に身を置き、見て・聞いて・触ることで社会の現状を捉える「近接の視点」、さらにAIやIoT・GIS・画像処理などの技術を使って取得した情報を「分析・解析」する技術、この“3つの優位性”を融合して、社会課題の解決に資するソリューションを創出し、提供しております。

今日、わが国ではAI・IoT・ロボティクスなどの進化に伴い、あらゆる分野でデジタルトランスフォーメーションが推進され、事業や業務の効率化・高度化に向けた技術開発が進んでおります。パスコは、スマートシティやスーパーシティを実現させるために、現実社会を仮想空間上に高精度に再現し、さまざまな視点でシミュレーションを行う「デジタルツイン」の構築を図ってまいります。

パスコは、経営ビジョンに「地球をはかり、未来を創る ~人と自然の共生にむけて~」を掲げております。ESGに配慮した経営を実践し、空間情報事業を通じて、持続可能な社会の一員としてSDGsの達成を目指します。

今後とも、皆様のご支援とご高配を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 島村 秀樹