IR情報(Investor Relations)

当社代表取締役社長 島村 秀樹 当社代表取締役社長 島村 秀樹

投資家の皆様へ

To Our Investors

1953年、パスコは航空機から地上の様子を撮影し、目的に応じた精度で地図を作る航空測量会社として誕生いたしました。以来、空間情報の収集と加工・処理・解析技術を追求し、世界の人々へ空間情報の活用を提案し続けてまいりました。

現在、パスコを取り巻く事業環境は、自然災害の激甚化に伴う防災・減災対策や公共インフラの老朽化対策など、持続可能な社会のために全国規模でさまざまな改善・強化策が推進され、空間情報技術が貢献できる業務領域が拡大しております。また、民間企業や行政機関などのあらゆる組織において、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組みが活発化し、AI・IoT・ICTなどを活用した業務の効率化や省力化が推進されております。一方、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、先行き不透明な状況が継続しております。

このような事業環境のなか、パスコは、経営ビジョンに「地球をはかり、未来を創る ~人と自然の共生にむけて~」を掲げ、空間情報事業を通じて自然環境や社会(ステークホルダー)と共存し、持続可能な社会の一員としてステークホルダーに配慮しながら、企業活動を持続的に発展させていくことを目指しております。また、2018年に策定した「パスコグループ中期経営計画2018-2022」をもとに、持続的な企業成長に向けた利益体質への変革に取り組んでおります。さらに、ニューノーマル時代への対応を加速するため、リモート環境での事業継続を前提とした体制・環境の充実を図っております。

パスコはこれからも、企業の社会的責任(CSR)を包含したESG(Environment:環境/Social:社会/Governance:企業統治)に配慮した経営のもと、空間情報事業を通して国際的なSDGs(持続可能な開発目標)の幅広い目標の達成を目指してまいります。

代表取締役社長 島村 秀樹

中期
経営計画

Medium Term
Management Plan