事業インフラ管理

送電線下巡視
支援サービス

送配電事業者が日頃実施されている巡視業務を支援するため、衛星データから取得した送電線下およびその周囲の情報を提供します。

送電線下巡視<br />支援サービス

衛星xAIで送電線下およびその周囲の状況変化監視を支援

光学衛星で撮影された画像から、建物の新築や滅失、重機の有無、道路変化などの状況変化をAI解析や目視判読で抽出します。抽出した結果は、クラウド環境に用意されたビューワーで衛星画像と重ねて閲覧が可能です。

建物検出と変化分類

判読手法

判読結果イメージ

重機判読

道路判読

効率的に監視を強化

複数衛星の活用により監視頻度を高めることで、突発的かつ短期的なスポット工事の発見が期待できます。また、更地化、基礎工などの早期発見により事故防止に繋がります。本サービスの解析結果から要巡視箇所を把握することで、優先度が高い箇所を周る効率的なコース策定が行えます。これにより、従来の固定的なコース巡視よりも巡視車両台数の削減および巡視時間削減に繋がります。

巡視や点検に多大なコストとマンパワーをかけたくない皆様に最適

今後、労働人口減少が進む中で人材の高齢化により作業要員が減少し、技術継承も困難になります。一方で、設備は高経年化し巡視や点検の頻度は増すでしょう。こうした課題には、従来の巡視水準に拘らずに抜本的な改革を検討する必要があります。 将来を見据えた効率的な巡視業務の検討が必要と考えられている皆様にこそ、衛星の活用を検討いただきたいと考えています。 特に、市街地における送電線下は状況変化が著しいため、このような取り組みが必要ではないでしょうか。