データ販売画像航空写真

Vexcel Data Program
(ベクセル・
データ・プログラム)

超高解像度
トゥルーオルソ画像データとDSMデータ

パスコでは、「Vexcel Data Program(ベクセル・データ・プログラム)」において取得した航空写真画像データから、地上解像度7.5cmの超高解像度航空写真オルソ画像データと航空写真から作成したDSM(数値表層モデル)データを販売しています。

Vexcel Data Program<br /> (ベクセル・<br />データ・プログラム)

超高解像度の空間情報データ「Vexcel Data Program(ベクセル・データ・プログラム)」日本版について

地上解像度7.5cm、位置情報を持つ画像データのアーカイブです。本製品は、航空カメラシステムと写真測量ソフトウェアの大手メーカーであるとともに、クラウドベースの空間情報データライブラリを展開する世界有数のプロバイダーでもあるVexcel Imaging社が提供する世界クラスの航空画像と地理空間データ製品です。日本国内は3大都市圏(首都圏・近畿圏・中京圏)や政令指定都市など主要都市の可住地を中心にパスコが協力しデータ整備を進めており、航空写真オルソ画像データとDSM(数値表層モデル)データをパスコからご購入いただけます。

DSM(数値表層モデル)データ
(建物の形状と標高)

特長

  • 地上解像度7.5cm,8cm,20cmからお選びいただけます
  • 建物などの倒れ込みのない、直下画像に調整を行った画像(トゥルーオルソ)データです
  • 道路路面の白線表示やマンホール位置などが分かります

DSM(数値表層モデル)データ
(建物の形状と標高)

特長

  • 地上解像度7.5cm,8cm,50cmからお選びいただけます
  • 建物や樹木等の地物の高さを含む標高を表した3次元データです
  • 航空写真オルソ画像データをあわせてご購入いただいた場合、重ね合わせて表示できます

活用例

本製品は、以下のような利活用が想定されます。

  • まちづくりのデジタルトランスフォーメーションでの活用
  • スマート・シティ、デジタル・ツイン実現のための基盤データとしての活用
  • 都市計画、建築計画、景観計画などでの活用
  • 砂防、河川管理、治水対策での活用
  • 住民説明での活用
  • 港湾・空港などの施設管理での活用
  • 地図コンテンツとしての活用
  • BIM/CIMでの活用
  • 日影解析、ビル風解析、浸水解析など、解析業務での活用

など

重要なお知らせ

プライバシー保護等の観点から、販売先は、使用目的を確認の上で、行政・法人・教育研究機関等のお客様に限らせていただいています。 恐れ入りますが、使用目的を添えて、お問合せください。

航空写真オルソ画像データ

建物などの倒れ込みのない、直下画像に調整を行った画像(トゥルーオルソ)データです。 ご利用目的に応じて、地上解像度7.5cm,8cm,20cmからお選びいただけます。

比べて分かる解像度の細かさ

地上解像度7.5cm

地上解像度7.5cm

地上解像度20cm

地上解像度20cm

  • 7.5cm解像度のデータは、20cm解像度よりもデータ容量が大きくなるため、ご利用の用途などによって必要な解像度をご提案させていただきます。

サンプル画像(地上解像度7.5cm)

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

製品仕様

地上解像度 色情報 座標系 最小購入面積 提供単位 フォーマット
7.5cm 32ビット
フルカラー
(RGB各8ビット)
Webメルカトル
座標系
3平方キロメートル(km2 WMTS形式のタイル
(1タイルは19.2m×19.2mを表現)
PNG
8cm 24ビット
フルカラー
(RGB各8ビット)
平面直角座標系 国土基本図レベル
2500の図郭(1図郭は東西2㎞×南北1.5㎞を表現)
GeoTIFF
または
JPEG
20cm

用語解説

地上解像度 
ピクセルと呼ばれる点の集合で構成されるデジタル画像において、隣り合うピクセルの中心間の距離で表現される、現実の地表面(地上)の距離のこと。「地上解像度7.5cm」の場合、現実の地上の距離7.5cm分の情報を1ピクセルで表現していることになります。
Webメルカトル座標系
Webマップで標準的に使用されている座標系(地球上の特定の位置を示すための指標)です。データ配信を伴うマップの描画速度向上を狙った規格であり、地図画像を予め同じサイズの正方形のタイルに分割し、位置情報を付与しています。
平面直角座標系
日本国内を測量するために定義された座標系で、日本全国を19地域に分割し、それぞれに座標原点を設けています。公共測量で採用されている座標系で、公共座標系と呼ばれることもあります。

DSM(数値表層モデル)データ

建物や樹木等の地物の高さを含む標高を表した3次元データです。ご利用目的に応じて、地上解像度7.5cm,8cm,50cmからお選びいただけます。

DSM(数値表層モデル)データの表現例

山間部を含む高低差のある地域のDSM(数値表層モデル)データ
山間部を含む高低差のある地域のDSM(数値表層モデル)データ
(GISで3次元表示。高さのデータを基に色塗り分け)
地形及び建物の高さに差のある地域のDSM (数値表層モデル)データ
地形及び建物の高さに差のある地域のDSM (数値表層モデル)データ
(GISで3次元表示。高さのデータを基に色塗り分け)

航空写真オルソ画像データとの重ね合わせで詳細に地形を把握

DSM(数値表層モデル)データと航空写真オルソ画像データをあわせてご購入いただいた場合、重ね合わせて表示することもできます。簡易な3次元モデルとして、土地の起伏や建物の高低差、街並みなどが確認できます。解析・分析などにもご利用いただけます。

山間部を含む高低差のある地域のDSM(数値表層モデル)データと航空写真画像をGISで重ね合わせ表示したもの
山間部を含む高低差のある地域のDSM(数値表層モデル)データと航空写真画像をGISで重ね合わせ表示したもの
地形及び建物の高さに差のある地域のDSM(数値表層モデル)データと航空写真画像をGISで重ね合わせ表示したもの

製品仕様

地上解像度 座標系 最小購入面積 提供単位 フォーマット
7.5cm Webメルカトル座標系 3平方キロメートル(km2 WMTS形式のタイル
(1タイルは19.2m×19.2mを表現)
GeoTiff
8cm 平面直角座標系 国土基本図 レベル2500の図郭
(1図郭は東西2㎞×南北1.5㎞を表現)
50cm

用語解説

・DSM(数値表層モデル)データ

DSM(数値表層モデル)データは、樹木や人工構造物等の地物の高さを含む標高(赤い線)をメッシュで表した3次元データです。

DSM(数値表層モデル)

重要なお知らせ

プライバシー保護等の観点から、販売先は、使用目的を確認の上で、行政・法人・教育研究機関等のお客様に限らせていただいています。 恐れ入りますが、使用目的を添えて、お問合せください。