人びとの暮らしの安全をまもる
IoTインフラ遠隔監視サービス「Infra Eye」

★2023年4月サービス開始

地方公共団体が実施した定期点検によって何らかの措置が必要とされた橋梁は、点検結果の約6割に上ります。今後、インフラの老朽化リスクは加速度的に増え続けるにも関わらず、技術者不足・予算不足が問題になっています。
Infra Eye は、センサーにより、橋台と橋桁の遊間離隔を常時測定し、目に見えない微細な変状を日々モニタリングします。
日常的ではない変位を検知すると、メールで即座にお知らせするサービスです。
限られた人員と予算の下で、インフラ維持管理業務の効率化をサポートします。

インフラ維持管理業務の効率化・省人化をサポート

24時間365日監視により、人の足と目による点検業務の負担を軽減。
肉眼では分からない微小変位を一定間隔で常時計測、人とセンサーが相互に補完しインフラ維持管理業務の効率化・省人化をサポートします。

導入前

  • 現地に行く目視点検
  • 措置の順番待ちの橋梁が多数存在
  • 行った時にしかわからない橋梁の変状

導入後

  • 遠隔監視により移動、巡回時間の節約
  • 対策を実施するまでの期間の措置としての「監視」に対応
  • 24時間365日のセンサーによる監視
  • 道路橋定期点検要領の改定/国土交通省道路局 (2019年2月)より

特長01:遠隔監視によるモニタリングで、橋梁の維持管理をサポート

  • 橋梁の桁端部に設置したセンサーが、温度変化等に合わせて刻々と変状する橋台と橋桁の遊間離隔を計測。
  • 日常的な変位の記録から、日常的ではない変位の発生を知ることが出来ます。
  • 定期的に取得した計測データ(変位量・温度)は、毎日閲覧出来ます。
  • 日常的でない変位を計測したときには、メールで即座にお知らせします。
  • 限られた人員と予算で広範に散在する多数の橋梁の維持管理業務をサポートします。

特長02:常時監視による安心感

  • 遠隔監視によるモニタリングは、道路橋定期点検要領に示された、対策を実施するまでの期間の措置としての「監視」に対応
  • 変状の挙動を追跡的に把握する遠隔監視を実現します。
  • ”措置をしていない”という不安を低減します。
  • Infra Eye は、橋梁の遊間離隔の計測データの提供とその日常時の範囲と比較を行って逸脱した場合にお知らせするものであり、橋梁の良否診断、地震など災害発生時の橋梁の状態のお知らせを保証するものではありません。

特長03:電池駆動・小型化により多様な橋梁に対応

  • 低消費電力にて5年間の長期間運用を実現。
  • 電源工事が不要で設置場所の制約が少ない。
  • 広範なエリアに散在する多様な橋梁に取付ることができます。
  • 本サービスは、LTE Cat M1のサービスエリアに対応

【お客様の声】
人による目視では、点検時間は限られる。
センサーだと24時間365日、より長い期間正確に監視してくれて、コストパフォーマンスにもすぐれている。

実証実験協力自治体
目黒区 都市整備部
みどり土木政策課 施設計画係
亀山かめやま 雲杜うなと

<担当業務>
橋梁の点検や、無電柱化計画などに取り組んでいる

■課題

  • 道路や橋梁のインフラ管理では、管理するものは増えていくが、人材は減っているというのが実情。限られた人材と財源の中でどこをどう効率的に管理していくかが課題。
  • 5年に一回の法定点検と管理事務所の日常点検が主であるが、目視点検では限界があるというのと、目視で分かるというのはもう既に健全度としては良くないため日頃からモニタリングしていく必要がある。

■導入コメント

区民の方に説明する際などに、橋を目で見て大丈夫でしたというより、数値をデータとしてお見せしたほうが区民の方に安心感や、信頼感を届けられるので、安全な通行を確保できるのではないかと思います。
人の手だと1時間だけの目視確認になるのですが、センサーだと24時間365日みてくれるため、コストパフォーマンスにとてもすぐれている。金額に対してモニタリングする期間が、人の目よりもより長く正確にみれているのかなと感じます。
目視点検で補完できないところをセンサーで、センサーで補完できないところを目視点検で行うことで、どちらかだけではなく、両方の技術で橋梁の安全性を確保していけるのもいいと思っています。
第一印象、機器が小さいなという印象でした。大掛かりな設置をしなくてはいけないのかなと思ったのですが、小さく、行政でも気軽に設置ができ小回りがきくので導入もしやすいのではないかと思います。

【開発アドバイザーより】
限られた条件の中で、 Infra Eye を使いながら効率良く点検を行っていくことができる。

開発アドバイザー
近畿大学 理工学部 工学博士
米田 昌弘 名誉教授

■サービスの優位点

  • 橋に非日常的な遊間が発生したときに、それを検知することで、初期の段階でいち早く簡単に把握できるところが、道路管理者にとって便利な部分だと思う。
  • 取り込んだデータは、道路管理者にとって判断のしやすいシステムになると思う。Infra Eye から連絡が入ったときに、即座に現場に向かい、目視で現場を確認することができる。

■コメント

一番いいのは、毎日橋に張り付いて目視を行うことだが、様々な観点から見て現実的ではない。目視であるかないかわからない橋の致命傷を探すということもとても難しい。予算も限られ、人員も限られているというのが一番の課題になっているかと思います。
Infra Eye は非日常的な遊間が発生したときに連絡が来るという仕組みで、道路管理者だけでなく橋を利用する人にとっても、非常に安心感を得ることができます。
設置方法も電池式で配線も不要なので、導入に手間がかかりません。
サービス自体がまさに「シンプル・イズ・ベスト」。これは大きなメリットだと思います。

導入のながれ

条件確認
お見積り

対象橋梁の一覧・全箇所図、定期点検記録をご提供ください。設置可否を判断の上、お見積りをご提案します。

ご契約

お見積りと本サービスの内容に同意いただけましたら、契約書を取り交わし、ご成約です。

実施計画の
ご説明

センサーの設置や提供情報について、ご説明します。リモートでの協議を推奨しています。

センサー設置
モニタリング開始

パスコの技術者がセンサーを設置し、運用を開始します。設置後1ヶ月は、サンプリング期間となります。

利用期間中

専用のWebサイトから計測データを閲覧・取得できます。また、パスコにて年1回の設置状況の確認も行います。

詳細情報

項目 仕様
機能
  • 毎日の定期的な変位量、温度の測定
  • 予め指定したしきい値を超えた場合のアラーム通知
  • 測定可能領域を超えようとした場合のアラーム通知
  • センサー脱落の場合のアラーム通知
対環境
  • 使用温度範囲:-20℃~+55℃
  • 防水:IPx6相当(暴噴流に対して保護)
測定範囲
  • -20.0mm~+20.0mm
電池寿命
  • 5年以上
通信方式
  • LTE Cat M1対応
  • 上記仕様は、今後予告なく変更する場合があります。
  • 当面のサービスエリアは、北海道、沖縄県、その他島しょ部は対象外となります。

IoTインフラ遠隔監視サービス「Infra Eye」に関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ