ドローン搭載型グリーンレーザースキャナで
陸上・水中(水底)の地形を面的にスキャン

パスコは国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」において、株式会社アミューズワンセルフと共同研究を行った、
陸上と水中(水底)の地形を計測できるグリーンレーザースキャナを使用した、測量(計測)サービスと機器販売を行っています。

革新的なドローン搭載型グリーンレーザースキャナ

国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」において、株式会社アミューズワンセルフと共同研究を行った、陸上と水中(水底)の地形を計測できるグリーンレーザースキャナは、国内初の地上と水底を面的に計測可能なドローン搭載型のシステムです。また、世界的にも革新的なドローン搭載型のレーザースキャナです。

革新的なドローン搭載型グリーンレーザースキャナ

革新的なドローン搭載型グリーンレーザースキャナ

これまで、レーザーを使用した測深機材は、有人航空機に搭載する航空レーザー測深機(ALB:Airborne Laser Bathymetry)しかなく、ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナは存在していませんでした。国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」において、株式会社アミューズワンセルフと共同研究を行った、グリーンレーザースキャナは、世界的にも先進的なドローン搭載型のグリーンレーザースキャナです。

グリーンレーザースキャナとは

グリーンレーザースキャナは、緑色レーザーを照射し、 水面反射するパルスの往復時間と、水を透過し水底で反射するパルスの往復時間差から水深を算出して、陸上と水底の地形を同時に3次元計測するシステムです。

革新的なドローン搭載型グリーンレーザースキャナ
グリーンレーザースキャナ開発レポート
(株式会社アミューズワンセルフのサイトに遷移します)

ドローンを利用したレーザー測量(計測)の活用例

パスコは、地上と水底を面的に計測できるドローン搭載型の陸上・水中(水底)レーザーシステム(グリーンレーザースキャナ)を活用し、さまざまな測量(計測)を支援しています。

河川管理

堤防から河川敷、河道を一度にレーザーで測量(計測)し、3次元モデルの作成が可能です。水陸がつながった面的な3次元モデルは、河道状況の把握や河川の維持管理に資する情報として利用することができます。

港湾管理

港湾構造物の管理に3次元データが活用できます。パスコでは、堤防や離岸堤、消波ブロック(テトラポッド)などを対象とした緻密な測量(計測)をドローン、広域の計測をALB(航空レーザー測深機:Airborne Laser Bathymetry)というように、目的や範囲に応じて機材を使い分けながら三次元データを取得します。

i-Constructionへの活用

陸上部と水中(水底)の地形を同時に測量(計測)できるドローン搭載型レーザーシステム(グリーンレーザースキャナ) は、土木・港湾工事のICT施工に有効な測量(計測)手法の一つです。パスコでは、ドローン搭載型のレーザー測量機器以外にも、ドローン写真測量システム、航空レーザー計測システム、MMS(モービルマッピングシステム)、地上設置型レーザー計測システムなど、さまざまな3次元空間情報の取得技術を保有しています。お客様の要望をお伺いし、最適な計測技術によるICT施工をご提案いたします。

グリーンレーザースキャナの計測例(開発レポートより)
グリーンレーザースキャナの計測例(開発レポートより)

ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの販売から3次元測量(計測)サービスまでトータルに支援

ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの販売

測量業、建設業のお客様。
国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」で、パスコとアミューズワンセルフが研究開発に成功した、ドローン搭載型のグリーンレーザースキャナや、データ解析・活用ソフトウェアなどの販売を行っています。

ドローン搭載型グリーンレーザースキャナ「TDOT GREEN」

(開発元:株式会社アミューズワンセルフ)

株式会社アミューズワンセルフとパスコが協力し、陸上・水中レーザーの研究開発に成功した、ドローン搭載型グリーンレーザースキャナです。

  • 積載可能重量3kg以上のドローンに搭載可能
  • 上空から水面下(水底)の形状を面的に測量(計測)
最長測定距離 受光強度 ≧ 10% 158 m
受光強度 ≧ 60% 300 m over
測距精度 受光強度 ≧ 10% ± 15 mm
受光強度 ≧ 60% ± 5 mm
レーザーパルスレート 60,000Hz/秒
エコー切り替え 1st / Last / 1st & / 4echo
スキャン速度 30走査/秒
レーザー波長 532±1nm
ビーム拡がり角 0.3mrad
レーザークラス 地上に到達したレーザー光は、クラス1Mに準拠
作動温度範囲 0~+40℃
寿命 10,000時間
重量 2.8kg(本体のみ/アンテナ除く)
ドローン搭載型グリーンレーザースキャナ「TDOT GREEN」

河川管理用点群編集アプリケーション

(開発元:パスコ)

国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」において、パスコが開発した河川管理用の点群編集アプリケーションです。

点群編集アプリケーション「Point Cloud APP」

(フィルタリング処理、堤防・河川形状モデルの作成)

レーザードローンの取得データから、植生などの計測点を省くフィルタリング処理など、河川の維持管理に必要となる基礎情報を抽出する処理機能を実装。処理の流れに沿ったボタン構成により、分かりやすく作業が行える点群編集アプリケーションです。

処理の流れ

01 処理単位図郭への切り出し

02 ノイズ除去

03 フィルタリング処理

04 河川形状モデルの作成

点群編集アプリケーション「Point Cloud APP」

計測成果の活用アプリケーション「PASCO Terra Viewer」

(計測結果の見えるか・河川管理での活用)

河川管理における3次元データの活用で、よく利用する機能を実装したアプリケーションです。

主な機能

  • 河川形状モデル、航空写真地図画像表示機能
  • 等高線作成機能
  • 傾斜区分機能
  • 断面図作成機能
  • 複数の3次元地形モデルの重合せによる差分解析機能
計測成果の活用アプリケーション「PASCO Terra Viewer」
計測成果の活用アプリケーション「PASCO Terra Viewer」

3次元測量(計測)の全てを支援します

機材も経験も無いが、3次元のデータが必要。どこかに計測を頼みたいとお考えのお客様。
機材購入前に実際のフィールドで試験発注をしてみたい、計測をアウトソースしたいとお考えのお客様。
パスコは、航空写真測量で培った効率的で高精度な測量(計測)を実施、測量から3次元モデルの作成まで、お客様のニーズにお応えします。
また、ドローンに限らず、お客様が得たい精度、活用方法を伺い、さまざまな計測手法の中から、最適な測量(計測)手法をご提案いたします。

ドローンレーザー測量(計測)の流れ

1 社内作業 >>

  1. 計測計画策定
    (計測エリア確認、フライトコース・計測諸元設定)

2 現場作業 >>

  1. ドローンレーザーによる計測
  2. 調整点観測
    ※国交省の仕様による(高さ精度の暴れを防ぐため)

3 社内作業

  1. 3次元点群データ生成
    (アミューズワンセルフ社製アプリ)
  2. 3次元点群データ編集
    (パスコ製点群編集アプリ)
  3. 3次元点群データ活用
    (パスコ製可視化アプリ)

ドローン搭載型グリーンレーザースキャナで陸上・水中(水底)の地形を面的にスキャンに関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ